2018年 07月 10日 ( 1 )

SILKYPIX DEVELOPER STUDIO 6 ライセンス無料公開

なんだか凄いことになってますね。死者126名、不明79名って未曾有の大災害です。地震被害を除けば平成に入って最悪だそうです。平成の最後にこんな災害がおきるとは・・・亡くなられた方、ご冥福をお祈りします。災害に遭われた方、保険に入っていればなんとか立ち直れるかもしれませんが、入っていない人は・・・なんとも言いようがないですね。

対馬の方はほとんど被害は無かったような感じです。50年に一度の豪雨と台風前は放送され、さらにそれからも雨が降り続きましたけど、まあ、別になんとも無かったようです。対馬ってこのような災害には強いのかな。盆地や低い土地に水が溢れる事はあっても、ほとんどが海に流れてしまうし、元が岩盤なので強固なんでしょうね。地震もほとんど起きないし。住むには良いのかも。


b0165802_07432994.jpg



SILKYPIX DEVELOPER STUDIO 6 ライセンス無料公開なるものが出てますね。これは是非ダウンロードして使ってみることをおすすめします。2つ前の旧バージョンでも私が持っているカメラはメーカーを問わず全部対応になっていました。これは良い。

9月2日までの期間限定です。それまでにダウンロードしてパソコンにインストール、さらにライセンス登録して下さい。ダウンロードしただけではだめです。ちゃんとパソコンにインストールして登録しなければ使えません。

http://silkypix.isl.co.jp/ext/special/download-ds6-free/

これをインストールしたらテイストなるものをダウンロードすると面白いかも。

https://silkypix.isl.co.jp/how-to/taste/japanese-traditional-color-double-tone/

このテイストをSILKYPIX に認識させて使う。ただ、テイストで出来る画像加工はMicrosoft Store からPhotoshop Express なるアプリをダウンロードしても似たような事が出来ますね。銀残しなんてのは使えないけど。


b0165802_07320400.jpg

このソフトはRAW 現像ソフトです。もちろんJPEG でも使えますがRAW で使う方が良いでしょうね。これは画像の切り抜きとかは出来ません。ペイントソフトとは若干違います。

画像ソフトにはペイントソフトとドローソフトがあります。ペイントは写真や塗り絵みたいな点の集合体のビットマップ画像を扱うソフト、ドローはペジェ曲線で描く線画ソフトです。設計図などに使うCAD もそうですね。ペイントソフトは画像拡大すると点が拡大されドットが見えて荒くなりますが、ドローはいくら拡大しても線は線でしかなく荒くなることはありません。

私が持っているのペイントソフトはPhotoshop Element 10と15 他、ドローソフトは花子。SILKYPIX はRAW 現像ソフト。ペイントソフトにRAW 現像ソフトはいろいろ持っていますけど、ドローは花子だけです。ドローはPhotoshop Illustrator みたいな高価なソフトが多いようです。普通は使わないソフトですね。

これはRAW現像ソフトなので持っているカメラが対応出来ていなければたいした役には立ちません。新しいカメラだと無理でしょう。


[PR]

by tsushimaisland | 2018-07-10 07:50 | パソコン | Comments(0)