2018年 03月 02日 ( 1 )

マザーボード購入

新たなマザーボードを買いました。新たなと言っても最新式じゃなく2013年9月に発売された古い型のマザーボードです。仕事用のメインに使っているASRock B75M Socket1155 ですが不具合多発、SATA端子の不具合とスリープ解除でのスノーノイズです。まともに起動しない、ノイズが出たら再起動を余儀なくされる。メイン機としては不適格ですね。

これを解決するためにマザーを新調、ただし今はメモリーが高騰しているので新型を買う時期じゃありません。DDR4メモリーがGIGABYTE GA-H170N-WIFIを買った時の2.5倍の価格になっています。仕事用なので高性能である必要はさらさらないので古い型で十分です。そこでDDR3メモリーにCore i3 2105 を流用できるASUS B75M-PLUS を買いました。これだとUSB3.0 外部端子があるので買う予定だったUSB3.0 ボードを買わずにすみます。

このマザーボードを買ったあとでCore i3-3220 の中古が2,935円 送料無料で出ていたのを見つけこちらをゲット。珍しく衝動買いでしたね。不要だったかな。新規購入のASUS B75M-PLUS に中古のCore i3-3220 を取り付け、メモリーはサブ機から取り外すことでこちらに再構築することに。


b0165802_21520268.jpg

これでメインのCPU もCore i3 2105 (Sandy Bridge) 3.1GHz からCore i3-3220 (Ivy Bridge) 3.3GHz に1世代新しくなりました。サブのサブもCeleron G530 2.4GHz からCore i3 2105 3.1GHz に大幅に性能アップ。

と言うことで早速中古のCore i3-3220 をASUS B75M-PLUS に取り付けWindows8.0をインストールしてこれをUpdate さらにWindows8.1にすること無くWindows10 にUpdate して認証出来ました。さらにWindows10 Fall Creator をクリーンインストール。さらにUpdate してファイルを縮小するためにディスクのクリーンアップ。

ここまでくればあとはソフトウエアーのインストールですね。Excel を消してからExcel を新規インストールする。あとは面倒くさい電話での認証ですが、なぜか2010は電話認証に対応していない??? 前は電話認証出来たのに今回は出来ない!電話番号が表示されないので何処に電話するのかわかりません。これは参った。

《 下のような表示がされました。これでどうやって認証手続きしろと言うのでしょうか?私の場合、入れたり消したりするので見かけ上複数のパソコンに入れている事になるので自動認証が出来ません。Office 2010はこのメイン機だけですが、自動認証が出来なければ下記のような電話認証になります。それがこれではそれすら出来ませんね。》


b0165802_21525921.jpg


そこで以前電話認証の電話番号を控えていたのでそこに電話してみました。いつものガイダンスが流れて何時もの電話認証・・・やった!これで認証完了です。ヒヤヒヤものですね。何で電話認証が出来るのに未対応と表示されるのか、もう古いOffice など使うなってことなのかな。

このOffice 2010 もあと2年すれば使えなくなります。一太郎の表計算ソフトは互換性の問題でファイルに不具合が出るため使えませんでした。WPS Office に切り替えるかExcelだけ2019に買い換えか。ただ認証に問題があると最初に入れたパソコンが壊れたらそこに入れたOffice も使えないのなら買えませんね。

それ以外のソフトウエアーで問題はSILKYPIX Developer Studio Pro 7 for Panasonic です。ただこれはすんなりと認証出来ました。それ以外で再認証が必要なのはありませんね。Windows の再構築するとこんなのが面倒くさい。仕事用以外のパソコンはたいしたソフトは入れていないので簡単に再構築できます。入れているのはPowerDVD 17に16,さらに15と3つあるのでそれぞれに。あとはOLYMPUS Viewer 3 にDigital Photo Professional 4 、VLC media player 3 さらにTeraPad 、Google Chrome、LINE もあると便利。これらはフリーなので制限はありません。

b0165802_21532632.jpg

と言うことで、すったもんだしたあげく新たなマザーボードに移行できました。これで不具合は出なくなったようです。性能アップはごくわずか。ほとんど変わりませんね。中古とはいえ余計なCPUを買ったものだ。

サブのサブ機はCeleron G530 2.4GHz からCore i3-2015 3.1GHz に大幅アップです。Windows も再構築することなくすんなりCPU 載せ替えできました。メインなら再構築しますけどこのパソコンはたまにしか使いません。こちらはInsider Preview 版をインストールしました。

ここで問題は壊れかけたマザーにCeleron G530 2.4GHz が余ってしまった事です。マザーボードだけなら廃棄で良いのですが、CPUも余ると勿体ない。メインじゃないのなら壊れかけたマザーでもまだ使えます。これに安いCPUファンにDDR3メモリーをヤフオクで買って再構築してみるかと考えています。でもヤフオクも人気のある商品は結構高い値が付きますね。このような余りパソコンにWindows 10s とかUbuntu とか入れると面白い。ただWindows10s はちょいと重たいかな、なぜか動画がカクカクしますね。本来は軽くなければならないOSだと思うけど。グラフィックドライバーが合っていないのかな。

[PR]

by tsushimaisland | 2018-03-02 07:50 | パソコン | Comments(0)