<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

松葉杖に

25日から体重の1/3をかけての歩行訓練に入りました。11月1日からは2/3の加重、8日から全体重をかけての歩行訓練になる予定です。それから12日後に外泊を勝手に予定に入れていますが、外泊や外出は3日前までに許可を取らないと駄目だそうです。取りあえず20日の1泊外泊のお伺いは看護婦さんに伝えたところ、リハビリの進行状況によっては大丈夫だろうと言うことです。と言うことはそれまでに退院は無いことになりそう。

26日から松葉杖をついての歩行訓練です。まだそろりそろりの歩行ですね。松葉杖でも右足には1/3の加重をかけての歩行です。松葉杖そのものは11年前に経験があるのでこれもなんてことは無いですけど、加重をかけずに歩くのは意外と難しい。ゆっくりな歩行になってしまいます。かえって片足浮かせた方が簡単かも。

松葉杖つきながら、院内を散歩しています。3階だとぐるっと一周出来ます。距離にして150メートルを25周、ちょっとやり過ぎて足が痛くなったので、ここ2日ほどは10周程度にとどめました。足の脹ら脛と手のひらが痛くなります。やり過ぎはいけませんね。

対馬からの入院患者って意外と多いです。私を入れて4人?こんな西区の果ての個人病院にこんなにいるとはビックリですね。壱岐の人もいるみたいです。此方の病院では此方で手術した人は北病棟、主に福大病院から転院してきた人は南病棟に、それに入院してきた当初は2階、入院してしばらくたった回復期の人は3階に入ります。私は2階から現在は3階、しかも一番手のかからない人が入るナースから一番遠い病室です。

30日は100日入院していた人が退院していきました。バイクで走行中に車に跳ねとばされ、しかも人の車を無免許で運転してひき逃げ、無保険、ひかれ損で左足を太ももから切断された人でした。惹かれた瞬間から1週間記憶が無いそうです。意識が戻ったら自分の足がない。ショックだったでしょう。足の無い人もたくさん入院されていますね。自分が乗るバイクにもちゃんとした保険を掛けておいた方が無難ですね。その人は自家用車に付属するファミリーバイクの保険しか掛けていなかったそうで、搭乗者保険は無し。あまり保険金は出ないとか。出ても相手の車に掛けている強制保険分だけ、それも入院費を差し引かれるので貰えるのは半分だけとか。相手がある事故の場合は健康保険は適用されないので10割負担。大変です。

私の場合だと自分のバイクにもちゃんと独立した保険を掛けています。当然搭乗者保険も最大限掛けています。搭乗者保証もちゃんと掛けておかないといざというときに痛い目に遭います。相手の車が無保険だと大変な事になります。ひき逃げ犯は逮捕され、裁判で勝っても無い袖は振れないで損害賠償なんてそう簡単に取れません。私の保険だと入院費は1日1万円出るそうですが、残念ながら自分のバイクで事故ってないので自分のバイク保険は使えません。

さて、22時には消灯です。普段は風呂に入っている時間帯。ではまた。

朝食です。朝はパン食を指定しました。指定した理由は福大病院の食事が余りにも・・・それで朝だけでも美味しく食べたいと思ってパン食を指定、此方もその流れでパン食にしましたが、此方だとその必要は無かったかもしれません。福大病院よりも美味しいと言っても自分ちで食べるよりは・・・それは何処でも同じでしょうけど。自分の好きな料理ばかり出てくる訳じゃないですからね。
b0165802_8264612.jpg


昼食ですね。11月1日だから赤飯?
b0165802_1347065.jpg


夕食です。午後6時からですね。この3食で2100キロカロリー、全て携帯で撮っています。
b0165802_20224810.jpg

[PR]

by tsushimaisland | 2010-10-31 21:55 | Comments(2)

その後2

18日から足を地面に付けて良いことになっていたのですが、何故か1週間伸びてしまいました。術後3週間ではなくて3週間を過ぎて様子見?だから4週目の25日からですね。ただトレーナーの人が私と同様に勘違いしていて、18日には足を地面に付けて体重の1/3の加重で歩行訓練をほんの少ししたのですけどね。しかし22キロ程度の加重をかけて歩くなんて難しい話です。平行棒の間を手を付きながら往復の歩行訓練、歩いて歩けない事は無いんですが、今の時期に全体重をかけると折角再現した靱帯が切れてしまうとか。再手術なんてしたくないので徐々に加重を掛けていくしかないのでしょう。

膝小僧のすぐ下の骨に穴を開けて足の裏から再現した靱帯を穴に通し穴を開けた所にチタンプレートを埋め込みそこで再現した靱帯を止める。術後すぐは止めた一点でしか繋がっていないので足を地面に付けると切れる。これが時間がたつにつれて骨に開けた穴が埋まっていき穴に通した靱帯を周りから押さえ込み骨と靱帯が結合する。そうすれば切れる事は無くなる。という解釈を勝手にしています。

それまでは足に加重を掛けられないのが、時間が経つにつれて徐々に加重を掛けていき慣らしていくのでしょう。今現状では右足と左足では太ももで4センチ違います。足に全体重を掛けられるのは11月中旬のようです。それまでは上体の鍛錬と加重をなるべく掛けない状態での足上げ等での訓練ですね。

そう考えると退院は12月にずれ込む公算が高いように思います。足も現状では100度までしか曲がりません。まだあと1ヶ月以上となると長いですね。11月20日は対馬高校の同窓会が福岡であります。それまでに退院は無理っぽいですね。退院していない場合を想定して、その日は外泊でホテルを予約しています。なるべく歩きたくないのでホテルは会場の近くを。1次会が終われば即ホテルで休む予定です。2次会に行く元気は多分無いでしょう。その日が2ヶ月ぶりの病院外での歩行、長い距離歩けるはずが無いです。もしその時に1人歩行が困難で松葉杖だったら同窓会はキャンセルの予定。その時は同窓生の皆さん宜しく。多分歩けるようになっていると思いますが。

24日はリハビリはお休み、自主トレですね。混み合う早朝を避けて10時から開始、腕でのペダル廻しは今回20分4.8キロに押さえ、後はベンチに寝ての足上げ80回を左右、2本目は100回を左右、計360回、足がビリビリ痺れてきますね。この足上げを朝、昼、晩の3回。今回は5キロのダンベルを2ヶ持ち出しての上体のトレーニング。ほか諸々、約1時間のトレーニングで汗びっしょりになりました。私はどうもやり過ぎる傾向があって良くないですね。トレーニング後汗かいた分お茶を飲んで、体重測定してみたところ64.05キロ、あと3キロも落とせば理想体重です。体重を落とす肝はご飯を半分残す事。おかずは全部食べます。しかしこんなトレーニングは普通出来ません。体重を落とす良い機会かも。

病院の憩いの場ですね。ここで皆さんたばこをプカリプカリ。
b0165802_1761457.jpg

[PR]

by tsushimaisland | 2010-10-24 17:09 | Comments(0)

その後

10,11日と連休ですね。連休中は自主トレ、腕でのペダル回し20分間、7.5で定トルク、初日4.4キロ走破、2日目4.6キロ、これはメチャクチャきつい。腕が棒のよう、息はハアハア、多分脈拍は140を超えていると思う。私の年で言えば確実にオーバーワーク、普通こんな機械は脈拍を測る端子を耳たぶに付けて脈拍で負荷を制御、脈拍が上がれば負荷を下げるのものだと思いますが、そんなものは無し。最初から最後まで同じ負荷です。回すのを止めればまた最初からになるので小休止出来ません。20分間ぶっ通し。足の怪我なのになんで腕?と言うのはあるけど、足はまだ使えないので仕方ないですね。でもまあ、こんなトレーニングは嫌いじゃないし。

12日、久しぶりのリハビリ。マッサージ、やはりメチャクチャ痛い。思わず参った!とベンチシートを叩いてしまった。腕でのペダル回しは引き続き、前日よりは少しは楽になったかな。今日は寝る前に飲む別の睡眠誘導剤を貰いました。以前飲んでいたのは殆ど効かない。とにかく何故なのか病院では寝付かれません。夜中1時間ごとに目が覚める。夜中眠れないのは苦痛ですね。夜眠れないので昼間は極力寝ないようにしていても眠れません。でも新しい薬が体に合ったのか最近はよく眠れています。

ふと思いましたが、こちらの食事が温かく、福大病医の料理が冷めているのはカートのせいかも。福大はオープンな給仕カートでしたけど、こちらは保温出来るドア付きのカートみたいですね。食事も2100キロカロリーよりも少し多めだそうです。それで此方に来てからまた体重が戻ってきました。自衛手段としてご飯だけ少し残すようにしました。

17日、日曜日は自主トレです。腕ペダル回し20分、今日は走行距離4.6キロに押さえました。足上げ30回を2セット、横向きでの足上げ50回を左右、ベンチから足だけ出してうつ伏せで足上げ50回、普通元気な時だったらこんなトレーニングはしませんね。さて明日からは足を地面に付けてのリハビリ、まずは体重の3割の加重を右足にかけるそうです。
[PR]

by tsushimaisland | 2010-10-17 11:51 | Comments(2)

転院しました。

前回携帯からの書き込みでは、ちゃんと改行されていませんでしたね。携帯から改行しようと試みましたが駄目でした。iモードからだといろいろ制約がありますね。

8日はいよいよ転院の日です。福大病院の退院の手続き、保険等の入院証書等の受け取り、そうしているうちに福岡リハビリテーション病院から迎えが来ました。福リからは車いすに乗ったままワゴン車に乗り込み移動です。荷物もカートに載せて運んでくれました。福リに到着して入院の手続き。

福リは綺麗な病院ですね。食事も福大とは大違いでした。同じ2100キロカロリーと言うのが信じられないくらい。まず料理が温かいのがうれしい。どんな料理でも冷めていれば美味しくないものです。到着後こちらで体重測定、5日前の日曜日と比べて3キロ減でした。マジ?という感じ。

3時ころに足曲げ、これは福大と同じ機械でした。それが終わったらいよいよリハビリ開始、リハビリ室に行きましたが、すごく広いホールですね。規模はいづはら病院の十数倍はあるかもしれません。総合病院付属のリハビリ室とは全然違います。さすがにリハビリ主体の病院ですね。そこで何をするのかなと期待していたら、最初はマッサージです。これがまた痛かった。いづはら病院ほど優しくはない。マッサージの時間もかなり長かったですね。それが終わって今度は高周波治療。

ここであと1ヶ月ちょっとの治療です。病室は4人部屋で意外と広いし明るいです。福大は6人部屋に40ワット蛍光灯がたったの2灯で暗かったので大違いですね。居心地は良さそうです。

9日は10時ころにシャワーです。福大は1人しか入れないお風呂でしたけど、こちらは一度に4人分のシャワーで流れ作業的に1人ではシャワー浴びれない人をこなしていました。11時40分からリハビリ、腕でペダルを回す鍛錬10分間、走破距離2.2キロ強、と言うところです。これはちょっときつかった。それが終わって高周波治療。

午後3時50分からまたリハビリです。マッサージ、かなり痛い、筋肉が固まっているとか。そして高周波治療を場所を変えて2回、明日と明後日はリハビリお休みなので自主トレの仕方を教えて貰いました。

ところで福リでもLANの設備は無し、仕方ないので携帯からアクセスポイントモードにて電波を飛ばしてパソコンに繋ぐことに、接続料節約のため128Kbpps での接続です。かなり遅い。128k通信で5,980円、それを上回る接続では10,395円、でも電波状況で大して速くなかったので、今回は128kに押さえました。


福リの夕食。
b0165802_18421938.jpg

[PR]

by tsushimaisland | 2010-10-09 18:43 | Comments(2)

その後の経過

b0165802_19231865.jpg

その後の経過ですが、足の方は多少の腫れ、そして熱を帯びています。特別痛くはないので痛み止めも何も飲んでいません。

体重はここ1週間で1キロ近く増えていました。病院食は一日2100キロカロリーだそうです。病院食以外は何も口にしていないのですが、私の基礎代謝が1550キロカロリーで取りすぎとなると、殆ど動いていないことになりそうですね。

でも最近は運動、寝て両足を浮かす、そして片足を真上に5秒かけてゆっくり上げる、これを左右繰り返して20回、これを朝・昼・晩と3回に分けて計6セット、結構きついです。腹筋がパンパンの状態。両足を浮かせているので腰にとってもハードです。そして4日から横に寝てから横に足上げの運動。これで少し体重が落ちるとうれしい。

靱帯はオペで修復出来ても筋力が落ちてしまうとまた切れてしまうらしく筋力を付けるためのリハビリですね。修復した靱帯が安定するまでそれを補う意味で筋力を付けなければ行けないのかもしれません。それと足を曲げる筋肉も一部切り取っているのでこちらも再生するためにトレーニングしなければ駄目ですね。

4日は抜糸、抜糸と言ってもホッチキスで留めているのをはずので抜針?これって意外と痛くないです。糸だと縫う箇所が多いのでその分痛いと思うのですが、ホッチキスだと部分的に止めているので痛い部分が少ないのかも。そして4日から足曲げの開始です。足に機械を付けて角度を50度に設定、機械が足を伸ばして50度まで曲げる。伸ばす曲げるを自動で繰り返す、これを1時間、55度だとまだ大丈夫です。

5日は久しぶりのお風呂、お風呂と言ってもシャワーのみです。足を地面に付けられいうえ、足を真っ直ぐに伸ばせません、しばらくの間伸ばすと折角の靱帯が切れるとか、最初の部分、看護婦さんに手伝って貰ってのシャワー、ちょいとこれは恥ずかしいですよね。でも一人では出来ないので仕方ない。

7日はリハビリ専門の病院へ転院の予定です。そこにLANの設備があると助かるのですが、前回の投稿は携帯を無線親機のアクセスポイントにしてパソコンに3G電波を飛ばしネット出来るように設定、パソコンからの書き込みでした。この場合データー通信になるので通信費がパケット代だけで1万を少し超えてしまいます。今回は文書をパソコンで打ってそれを携帯にコピー、携帯からの書き込みです。どんな風に書き込みされるのか分かりませんので、ご容赦を。
[PR]

by tsushimaisland | 2010-10-05 19:23 | Comments(4)