2017年 11月 28日 ( 1 )

博多駅イルミネーション

相撲が終わって博多駅直行バスに乗り駅へ、駅も大混雑でした。何なんだこれは?と思っていたらイルミネーションの点灯式で ゆず、かな? 有名な歌手が来ていたようで駅前は前に進めないほどの大混雑でした。あとで ゆず だとわかったのですが、嫁さんは見損なったと残念そうでしたね。自分は興味ないので。


b0165802_07062322.jpg

なんだか毎年代わり映えのしないイルミネーションって気がする。これはCanonのG7Xで写したのですが、電池が切れる寸前だったのが原因かどうかわかりませんがオートフォーカスがメチャクチャ悪い。なかなか合焦しません。緑の合焦マークがなかなか点かなくて黄色のマークばかりです。数回シャッター半押しを繰り返してやっと緑が点灯する感じで帰ってから見てみるとピンボケ写真が数枚ありました。電池を取り替えてからはちゃんと合焦しているようですけど。電池容量が低くなってAFが緩慢になるとは、こんなカメラ初めてです。


b0165802_07062267.jpg

Canonのカメラよく売れているようですが、もう良いかなって感じがする。あまり出来が良いとは言えないカメラって気がしています。暗所で合焦しにくい、コントラストAFの性能が低い、メニューがわかりにくい、こんなのは使ってみなければ分かりませんけどね。画質はともかく、操作性はOlympus のXZ-2 の方が上って感じですね。Olympus さん1インチコンデジを作ってくれないかな。買うけどね。

1インチコンデジを作っているのはCanon とSony にPanasonic かな。一番売れているのはSony ? だけどちょいと高すぎるしRAW現像ソフトが貧弱すぎる。次はCanon かな。Canon はどうも他社から見れば周回遅れのカメラってのは言い過ぎかな、半周遅れが適当かもしれません。4Kが使えない、パノラマすらない。タイムラプスは貧弱、操作性悪い。だけど手ぶれ補正はよく効く感じがする。RAW現像ソフトはまずまずの出来です。ただ無駄なメニューがやたら多く煩雑、まとめ切れていない感じでできることは多くはない。これもOlympusには劣る。Panasonic は現状手ぶれ補正が弱いらしい。コントラストAFの性能はピカイチで暗所でのAFは素晴らしい。RAW現像ソフトが良い、だけど他社製なのでカメラの性能を発揮できない。どのカメラも一長一短ありベストとは言いがたい気がする。Olympus が5軸手ぶれ補正を搭載して1インチコンデジを作ってくれたらこれは最高のカメラになるかもしれないのに。


b0165802_07062284.jpg

ゆず の路上ライブも終わり群衆が散ったあとだとおもうのですが、それでも多くの人ですね。博多駅で食事してちょいとぶらぶら時間つぶしして早めに港に行きました。自分としてはブレードランナーを見たかったのですが時間が合いませんね。天神東宝があれば良い時間に放映されるのに残念です。

b0165802_07062398.jpg

相撲、終わりましたね。暴行問題はこれからが架橋でしょうか。しかし白鳳ってオツムが弱いんじゃないの?って気がする。あの待った!にしろ考えられないような事をする。練習のときにはよくある事だからそれが出たって言っていたけど、それなら1分間も立ちすくむなんて事はない。どうも言っていることがメチャクチャで信用できない。あの万歳三唱もなに考えてんだ。オツムが弱いのか日本人とは考え方がそもそも違うのか。

[PR]

by tsushimaisland | 2017-11-28 07:50 | 旅行 | Comments(2)