SILKYPIX シリーズアップグレードキャンペーン

ちょいと夜景でも撮ってみました。東横イン、韓国人でいっぱいですね。

b0165802_21390852.jpg


b0165802_21390721.jpg

こんなのが出ていましたね。SILKYPIX シリーズアップグレードキャンペーンです。

私はこの手のSILKYPIX Developer Studio Pro 7 for Panasonic 3,800円を使っています。これはPanasonic のカメラで写した画像しか読み込めません。Panasonic専用とすることで安く提供しているソフトですね。これを安く提供してフルバージョンを買ってもらう。ようはカメラにバンドルされているSILKYPIX Developer Studio SEバージョンをステップアップして新たに買ってもらおうと言う事でしょう。

RAW現像ソフトのSILKYPIX Developer Studio 8 (16、200→7、800円)ダウンロード版とSILKYPIX Developer Studio Pro8 (28、080→16、800円)ダウンロード版が特別価格で出ていますね。これはSILKYPIX のバンドル版を持っている人限定です。Panasonic・富士フイルム・カシオ・Pentax ユーザーが対象。そしてこのソフトは通常版なのでどのメーカーのRAW画像でも表示・現像出来るようです。10月31日までですね。対象機種を持っていてRAWを多用するなら買ってみるのもありかも。しかし対象が4社、そのメーカーはSILKYPIXを使っているってことですね。使っていないのはCanon・Nikon・OLYMPUS・SONY・SIGMAってことか。そのうちSONYのはしょぼい、Nikonは独自でも中身はSILKYPIXだって話です。SIGMAとOLYMPUSのソフトは優れています。Canonは近いうちに使ってみようと思っています。


b0165802_21390814.jpg

SILKYPIXの疑問はちゃんとアップグレードしてくれるのかってことです。Panasonic限定のソフトは新型が出たら使えません。Update無し。Panasonic 限定なら仕方ありませんがこちらはフルバージョンの限定版です。このソフトが古いバージョンになっても新しいカメラを買ったときにそれが使えないって事じゃ困る。他のRAW現像ソフトはどなんだろうか。カメラ買い換えるたびにソフトも買い換えなければならないなら買えない。グラフィックソフトなんて5年は使いますからね。5年毎にバージョンアップしている感じです。カメラを買い換える周期は2年、その2年毎にソフトも買い替えなんて馬鹿馬鹿しい。

要するに今持っているDMC-G7用にこれを買う、そして2~3年後にDMC GX7 MarkⅢ、あるいはDMC-G9を買ったらこれの画像を読み込めない。それじゃ困る訳ですよね。RAW現像ソフトがそのRAWを読み込めないのでは意味が無いってことになる。カメラを買い換えるまでのソフトでは・・・バージョン8が9にバージョンアップ、買い換えなければ新しい機能は使えない。それは当然、でも古いバージョン8でも新たなRAWファイルに対応してくれれば買い換える必要はありませんが、対応しないなら新しいカメラのRAWファイルを読み込めないってことになります。高いソフトですからそうそう毎回買い換えるなんて出来ませんからね。逐次RAWファイルに対応してもらえないならこのソフトは糞ソフトってことになりますね。



b0165802_21390826.jpg


この事が疑問だったのでメールで問い合わせてみました。9日にメール送付、すぐに確認のメールが届きました。問い合わせ内容の確認メールは自動で届いたものの、14日になっても返答無し。新しいカメラが出たらそのRAWに対応してくれるのか、出来ないなら買えません。と言うような事を書いたのですが、それなら買わなくても良いよってことなのかな。別に永遠に対応しろとは言わない、せめて発売から5年くらいは対応してほしいよね。RAWファイルに対応するのはバージョンアップするまでじゃ困る。返答しないってのはどうも信頼おけない気がする。



[PR]

by tsushimaisland | 2017-09-15 07:50 | カメラ | Comments(0)