加計問題、なぜか報道されない事実

《 加計問題、なぜか報道されない「当事者」前愛媛県知事の発言全容 》

2017年7月10日に行われた学校法人「加計学園」をめぐる閉会中審査で、インターネット上の注目を集めたのは、一連の疑惑を告発した前川喜平・前文科次官の発言ではなく、愛媛県今治市への獣医学部誘致を進めた加戸守行・前愛媛県知事の約20分間にわたる訴えだった。

前川氏の「行政がゆがめられた」発言に対し、加戸氏は「岩盤規制に国家戦略特区が穴を開け、『ゆがめられた行政が正された』というのが正しい」と反論。

「(前川氏の)『行政がゆがめられた』という発言は、私に言わせますと、少なくとも獣医学部の問題で強烈な岩盤規制のために10年間、我慢させられてきた岩盤にドリルで国家戦略特区が穴を開けて頂いたということで、『ゆがめられた行政が正された』というのが正しい発言ではないのかなと思います」

現在「今治は駄目、今治は駄目、加計ありき」と言われることについて「何でかなと思ってしまう」「私は、加計ありきではありません。たまたま、今治選出の議員と加計学園の事務局長がお友達だったからこの話が繋がってきて、飛びついた。これもダメなんでしょうか。お友達であれば、全てがダメなのか」

さらに加戸氏は、加計学園問題をめぐるメディア報道にも不満を漏らした。これまでに受けた取材について、「都合のいいことはカットされて、私の申し上げたいことを取り上げて頂いたメディアは極めて少なかったことは残念」だと指摘。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00000014-jct-soci


と言うような記事がありました。あの閉会中審査で前川氏の発言は大々的に取り上げ、この人の話は無かったことになっている。まさにメディアは嘘つき。ネットを見るまでこの人の発言があったなど全く知らなかった。今のメディアは安倍おろしで躍起になっている。国民をだまし国を歪めようとしている元凶かもしれない。今安倍首相が辞めたら日本の発展はストップする。まだ失われた20年を取り戻している訳じゃない、また元に戻ってしまう。安倍首相が辞めて喜ぶのは左翼と韓国に中国、そしてそれを主導している左翼メディア。こんな連中が喜ぶような日本になってほしくない。余計な事を喋る安倍首相が良いとは言わないけど、あの目つきの悪い人が首相になると良くなるのか?今よりもっと悪くなると私は思うけどね。

共謀罪も通すべきだ、テロが起きていないから他人事だろうけどテロが起きてからでは遅い。水と安全はタダじゃない。憲法も改正すべき、今は自衛隊は完全に憲法違反状態、だけど自衛隊は、いや軍は必要だ。強大な軍事力を持ってこそ安全は保たれる。国民総軍人だからこそ中立国だと胸を張って言える国もある。かっての日本もそこいらじゅうに日本刀もった侍がうようよいる。今で言えば自動小銃持った輩がうようよいる国だっただろう、だからこそ日本は侵略されなかったとも言える。危険な国だと他国から見ればそう写ったかもしれない。一つの仮説ではあるようだけど。


b0165802_21414190.jpg
b0165802_21414156.jpg

新聞なら、朝日とか毎日の反日、反政府の新聞も読みたい人がいるんだからそれは反日であっても反政府であっても良いだろうけど、テレビは公共の電波を使わせてもらって発信している。それが反日、反政府の報道ばかりでは公共とは言えません。あくまでもテレビは中道でなければならない。中道が出来ないなら電波の使用を差し止めれば良い。極論だけどね。でも、これをするとまた言論の自由だ、なんだと騒ぎ出す。言論の自由じゃなく言論を操作出来なくなるから騒ぐだけ。マスコミの事を人はマスゴミと言うとおり。前川氏の発言も加戸氏の発言も平等に放送するべき、それで国民の審判を仰げば良い。今の報道では与党だけが悪者になっている。これは公正な報道とは言えない。印象操作やっているのはメディアそのものかもしれない。

安部やめろのデモも普通入れない報道の場所に陣取って、共産党員が主導しての安部やめろのシュプレヒコールだったとか。これは共産党の選挙妨害以外のないものでも無い。それに報道されているような大人数じゃなく、ほんの少数だったそうですね。一部のネットではそう書いている。真実は知らないけど。

それに前川氏は総理のご意向とか言っているけど、そのご意向とは岩盤規制の突破じゃなかったのかと思う。加計学園問題とは違うかも。規制規制と間違った行政は正すのが当然、、総理が言えばすべて実現出来る訳じゃ当然ない、言ったからと言って実現出来ていない改革なんていくらでもあると思う。総理の意向でも意義を唱えれば良いだけ、それを止められないのは文科省に止める材料が無かっただけ。それを行政がゆがめられた。と言うなら政治主導すべてが行政をゆがめる事になる。この人は単に昔の官僚主義に戻したいだけなのか、それとも辞めさせられた恨みを晴らしたいだけ。テレビでは良い人扱いだけど、実際は違うのかもしれない。


b0165802_21414091.jpg
b0165802_21414045.jpg

少し前いや昔の話、川端の川に蓋をして駐車場を。と言うのが川端商店街の願いだったけど、これも二級河川の規制に引っかかってダメ、ここは50年近く川の氾濫はおきていません。川三面コンクリート張りにし川底を掘り下げてから氾濫することは無くなった。同時に風情も無くなったけどね。風情を取るか氾濫しない川を取るか、風情を捨てて後者を取ったんだから次は川の一部に蓋をするぐらい良いじゃないか。何が規制だ。本来は風情を捨てたんじゃなく行政がかってに町民の意向など聞く耳もたずやったことではあるが。

茶屋町は川に蓋をして良くなった経緯がある。だけど川端は規制に引っかかってダメですね。別に川すべてに蓋をするのではなく、広い橋を架けて一部を多目的広場、あるいは駐車場にすれば川端は発展する。でももう遅いですね。寂れてしまっている現状ではもう遅い。規制規制では何も進まない。自分で自分の首を絞めているに等しい。

これも一昔前、上よりもさらに昔の話で対馬の転県運動がありました。長崎県から福岡県へ変えてもらいたいとの運動です。なんでこんな運動など?一つは商圏が福岡だからですね。普通の人にとって長崎などなんの用事もありません。私も福岡には年に10回以上行っていても長崎は滅多に行きません。長崎市には過去に5回程度?かな。福岡は良く知っていますが、長崎県人であるにも関わらず長崎のことは何もしらない。さらに長崎県はいろいろな規制があるとも聞きます。福岡県だったら対馬もいろいろな事が出来るとか。これも規制規制ですね。

そういえば7月15日、明日は大学の役員会が佐世保であります。私は対馬の支部長になっているので誘われますけど、正直行く気はしません。一度だけ2年前に行きましたけどね。息子が佐世保だったので息子に会いに行く名目を作って会合に参加しました。その息子も今は別の場所です。旅費も支給してもらいましたけど、旅費が出ても役員会だけに参加するのは大変ですね。長崎の人は車ですぐでしょうけど、対馬からだと2日かがりになってしまいます。おいそれと行きますとは言えない。行くには休みやそれ以外の調整が大変です。何かのついでがあれば行っても良いんですが、長崎ではそのついでも無い。言っちゃーなんだけど役員会だけのために行けないよ。

これもね。長崎だから行く気がしないのであり、福岡であるなら喜んで参加します。福岡なら日帰り出来るし、それに福岡なら大学同期もいる。行くついでに仕事もできる。でも長崎では何も出来ません。福岡であるなら旅費の支給なんて必要ない。これも対馬が長崎県に属している弊害でもあると思う。支部長の声がかかったときも名前だけなら貸すけど、長崎に用事など無い、会合など合ったとしても行かないよ!それで良ければと言って引き受けました。壱岐も同じでしょう。対馬を福岡管轄に変えてくれと頼んだこともありますけど、無理でしょうの一言で終わり、これもダメですね。規制規約、もう面倒くさい。

役人にとっては規制を設けすべてを突っぱねれば何もしなくてすむから楽でしょう。何もしたくないから規制だ規制だと突っぱねる。だけどその規制を取っ払う事で発展することもあると思う。獣医学部にしてもなんで新設がダメなのか、既存の獣医学部は当然反対するでしょう。競争相手が増えるんだから。

[PR]

by tsushimaisland | 2017-07-14 07:50 | その他 | Comments(0)