癌、自分にとってはあまり馴染みのない病気ですね。うちの身内で癌で亡くなった人は殆どいません。いるとしたら祖母、父方の母が52年前にお亡くなりになりましたけど、ハッキリした病名は知らないし祖母の事もあまり覚えていない。あとは少し上の従兄弟が最近癌で亡くなりましたけど、こちらはうちとはまた別かなとも思うし。自分が癌になるのはあまり考えていない。そう思っていたら嫁さんが癌・・・と診断されました。自分がガンなら別に良い。だけど嫁さんが先だと困る。歳の差を考えても、こちらがあちらで待つ分にはいっこうに構わないけど。

昨年、年に一度実施される特定医療検診のエコー検査でひっかかりました。安気に構えていたら再検査で腎臓ガンとの診断です。腎臓に出来る腫瘤はほとんどの場合悪性とのことです。腫瘤の大きさは4.2センチ、意外と大きいような気がする。でも幸いにステージワンで早期発見の部類に入るそうです。ただ、ステージワンでもその後半。この腎臓ガン、男性には多いようですが女性は男性の1/3程度しか発症しない場所らしいですね。

癌と聞いて一瞬、凍り付きました。思いもよらない病気でしたね。しかし良い時期に五年に一度の節目検診があってエコー検査も受けて良かった。このエコー検査、たしか節目検診の時だけです。もしそうなら次に受けるのは4年後、そのときに分かったのではもはや手遅れになっていたかも。このエコー検査、いつから5年に一度になったのでしょうか毎年やってほしいですね。

b0165802_20565286.jpg

今月入院、二日後に手術でした。ジェットフォイルで博多行き、嫁の分は通院、入院対象なのでジェットフォイル運賃半額です。半額と言っても通常料金から半額、島民割引からじゃないのでさほどお得感は無い。6、330円からの半額で3、170円、島民割引の4,450円より1、280円安いだけです。

ふ頭に到着後タクシーで九大病院へ直行です。タクシー料金はふ頭から1,220円でした。このタクシーの運ちゃん、つるっぱげのオッちゃん、九大病院に大きな荷物を持って行くのだから入院と分かるはず、終始九大病院の悪口ばかり、1年半九大病院に通院してなにも改善されなかったと文句たらたら、九大病院はろくな病院じゃない、良い医者は少ない。いろいろな病院を受けた方が良いですよ。とか。アドバイスのつもりなんだろうけど、今から入院する身には余計なお世話。なんか雨も降っているし最初からケチが付いた。

そう思っていて、いざ入院です。病室に通され、いろいろ説明受けて用意した入院の小道具、これで良いですよね!と看護師さんに聞くと、嫁さんの体型を見てちょどそれで良いでしょうね。と言っておきながら・・・いろいろ荷物を整理していると4人部屋の隣、奥のベットはカーテンがされていてどんな人が同室なのか分からないが、隣が空いていました。その隣に男性が、確か入院手続きしていた男性・・・え?何この病院、部屋で男女分けないのか?文句言おうと思ったら看護師さんが飛んできました。なんとこちらが入院患者だと間違えて男性の病室に案内したらしい。なんか二度目のケチが付いた。大丈夫かこの病院。デカすぎて小回りが利かないとか勘弁してくれ。

そこで急遽通されたのが個室でした。まあ、これで2つのケチも帳消しにしよう。そちらの間違いなんだから個室料金取らないよね。しかし個室しか空いていない?最初から男性の病室をあてがっていたと言うことか。しばらくして手術の説明です。いろいろ手術でのリスクを長々と言われました。


b0165802_20565204.jpg

手術はロボットにて。ロボットと言っても操作するのは医者です。大学病院の教授が執刀。よく言う腹腔鏡手術とは違うらしい、腹腔鏡手術は患部に数か所穴を開け患者の目の前で医者が鉗子を直接操作しての手術らしい。ロボットは少し離れたところから操作。腹腔鏡手術の鉗子よりも可動部分が多くより細かい手術が出来るとか。その分患部に開ける穴も小さく済むらしい。九大ではこれが主流だそうですが他の病院ではまだ導入されていないところが多いらしい。

リスクはロボットだとたまに動かなくなるとか。その場合は腹腔鏡手術に切り替える。腎臓を部分摘出するとのこと。悪ければ全摘出。腎臓が一つになる。2つあるのだから一つでも機能すると思っていたら、片方だけだといろいろ不都合なことがあるらしい。なるべくなら残したほうが良いそうです。さらに腎臓は血液のたまり場所なので出血する場合がある。その時は輸血する。輸血すると数万分の一で肝炎とかいろいろ病気を貰うことがある。なんだかいろいろ言われると心配になりますね。でも心臓の手術みたいに遺書を書かされる事はない。

説明が終わるとその日は何事もないので少し早めに病院を出て娘と博多駅で合流して食事。それが終わって映画を見ました。映画はキングコング。時間の都合でキャナルシティです。この映画だけが午後10:45分終了。それ以外は終了時間が遅くフェリーに間に合いません。やっぱりTOHOシネマズ 天神が良い。ちょうど良い時間に終わります。博多駅Tジョイもキャナルも終了時間が遅すぎる。

b0165802_20565310.jpg

キングコングは4DX 3Dでの鑑賞、2500円でした。普通は1100円で見れるのに。いやな3Dに椅子が動く。まあ眠気覚ましには良いけど。こんなの必要ない。普通の2Dで十分です。しかし面白くはあったね。椅子が振動して上下左右に動く動く、耳元には風が吹き付ける。体にも風、しかも飛沫まで飛んでくる。匂いも出る。これを見るなら字幕よりも吹き替えだね。揺れるので字幕なんてユックリ見れないかも。それに3Dで見るなら吹替が画面に集中できるので良い。それと3Dなら極力前で見るほうが良い。なんだか画面が狭く感じる。ちなみにキャナルなら一番前かその後ろがちょうど良いかも。あくまでも3Dの場合です。

映画を見終わってから博多ふ頭までテクシー。早朝に厳原着、そして次の日一番に手術なのでジェットフォイルでも飛行機でも間に合いません。その日の15時過ぎのフェリーで博多へ。日に9時間もフェリーの乗っている勘定ですね。午後9時半過ぎに娘のアパートへ。次の日早朝に有給取って休みの娘と病院です。8時半過ぎに手術室へ、

その後待合室で待機。数人いるのかなと思ったら椅子席がずらりで20人くらい待っていました。朝一の手術なのにこんなにも待機家族がいるのかとビックリ。

12時40分頃に手術終了でその説明がありました。腫瘤はすこし黄色く堅い感じでした。病理検査してみないと悪性かどうかは分からないが、経験上は悪性に間違いないとのことです。腫瘤の周りも含めて摘出、何事も無く無事に手術成功です。一安心ですね。それから手術室から出てきたのは14時40分頃でした。都合6時間ほどかかった勘定ですね。自分の膝の手術もそれくらいかかったので予定通りと言うことか。

b0165802_20565389.jpg

術後、痛み止めが効かないのかかなり痛い様子。それに吐き気がして3度ほど嘔吐したかな。なんだか術後の容態が良くないような気がする。自分は足首と膝で足の手術を3度経験したけど、鈍感なのか3度とも特に痛くもなく何てことなかったからなおさら心配。足と違い内蔵ですからね。その日は午後8時半まで病院にいました。

病院を追い出され、娘のアパートで一休み。地下鉄で中洲川端まで行くつもりがうとうとしていて2駅のり過ごしてしまいました。こちらも疲れているのか乗り過ごすなんて久しぶりですね。慌てて元に戻り地下鉄を出て歩いてふ頭まで。深夜便にて帰宅です。

あとは娘に任せる事になりますね。娘も心配だったのかしばらく有給取って看病です。近くの病院で手術出来て安心できる病院なら看病もしやすいのですが、なにぶん海を隔てた向こう側の病院。仕事があるのでこちらは看病できません。近くに娘がいると心強いですね。術後不安定な嫁を残して対馬へ、遠くで溶体がわからないので気がきじゃありませんね。九大病院の面会は普通の日で14時からかな。土日は11時から、その時間になると娘が看ているので安心です。

手術3日後の午前中に嫁から電話、少し安心しました。声を聞くとちょいと涙が出てきましたね。次の日にまた電話がありましたけど、そのときにはもう普段通りの声でした。術後不安定だったのですが、回復早いですね。娘の献身的な看病もあっただろう。術後、8日ほどで退院です。退院の日にフェリーで迎えに行き、その日は娘も有給取って母親と同行、午後1時45分に天神にて3人で待ち合わせ。ゆっくり食事でもして早めにジェットフォイル乗り場へ。入院時のジェットフォイルは大時化だったけど、今回は穏やかでした。

さて、あとは5年間養生することですね。ステージワンなので5年後の生存率は90%とお医者さんが言っていました。100%じゃないのでまだまだ安心は出来ません。なんだかやれやれですね。体重を測ると3キロ近く軽くなっていました。6年ぶりの63キロ台をさらに下回る62キロ台。嫁も3キロ減だとか。落ち着いたらまたもとに戻るでしょう。


[PR]

by tsushimaisland | 2017-04-25 05:25 | その他 | Comments(4)

Commented by わかば at 2017-04-25 21:39 x
無事手術が終わられて何よりで御座いました。このブログのファンとして予告記事を拝見していて心配していました。どうぞ養生にご専念下さい。
Commented by 瀬戸の花婿 at 2017-04-26 09:38 x
お見舞い申し上げます。
奥様の手術は大変でしたね、娘さんが傍にいて看病されて心の支えとなり奥様もさぞかし心強かったのではないでしょうか。
これからのご健康をお祈り申し上げます。
Commented by coppoumon at 2017-04-26 21:44
早期発見でよかったですね。
8日で退院なら、対馬に帰ってゆっくり養生できますね。
皆さんで、乗り切ったって感じですね。
ほっとしました。
お疲れが出ませんように。
Commented by tsushimaisland at 2017-04-27 07:18
わかばさん。瀬戸の花嫁さん。coppomonさん。皆様、御見舞のお言葉ありがとうございます。

当初は嫁の病気と分からないようにすこしぼかして報告させてもらいました。ガンとか初めてだったのでどう対処していいのか、告知すべきなのか分からなかったからです。

今現在は、今までとほぼ変わらず生活しています。ただあまり重たいものは持たせないようにしている程度ですね。動かないでじっとしていると手術箇所が癒着するらしいので動いたほうが良いと言われて動くようにしているようです。

まだ術後1ヶ月は出血の可能性があるらしいので少し抑えて動いています。

そんな感じでようやく日常の生活に戻りつつあります。来月、九大に行って悪性か、良性なのか病理検査の結果がわかります。それまでもうしばらく養生しておこうと思っています。

みなさま、どうもご心配おかけいたしました。これからも宜しくお願いいたします。