ASRock J3160-ITX 購入

最後の最後・・・かな?マザーボードを購入です。次の購入は5年先かそれとも次のWindowsが出た時かも。今回はMSI製 AMD E-350 オンボードCPU 1.6GHz Dual-Core を廃棄してもう少し快適に使えるだろうマザーボードを購入しました。AMD E-350 は中古品だったので、まあ良いか。って感じですね。これはもう少し快適に使えると思っていたのが、当てが外れました。嫁さんからも遅いとクレームが来るしまつ、嫁さん用に作ったパソコンで自分は使わなかったからそんなに遅いとは思いませんでした。ネット見てみるとブルーレイ再生も余裕と書いてあったのですが、実際は使いにくい。ネットのスクロールすらスムーズに動いてくれません。1.6GHz Dual-Core でここまで遅いのはすこし可笑しい。以前Windows7を入れて使っていた時もパフォーマンス優先にしていてもダメでした。やっぱり中古品と言うのは何かしら問題がありそうですね。
b0165802_6251187.jpg

そこで購入したのはASRock J3160-ITX Celeron Quad-Core J3160 Onboard CPU です。動作周波数は同じ1.6GHzですが、バーストで2.24GHzまで上がります。メモリーがノート用 SO-DIMMなので流用できるのは4GB-DDR3 1600が一枚だけ、あとで1枚買い足す必要があるかもしれません。とりあえずマザーボードだけ買えば良いので12,000円弱で問題あるパソコンがリニューアル。この手のマザーで気になったのはSATA が2つしかないことですね。ネットで物色していると最近出たばかりのこれが目に留まりました。

これは省エネパソコンなので、サブ用ですね。TDP値は6Wです。前回買ったのは51Wでした。サブと言ってもこれだけ消費電力が低いと普通に使ってしまいそうです。パソコンのリニューアルしてますけど、何でそんなに必要なのか?と言うと、持っているWindowsのライセンスが多いのでその分パソコンも必要になる。ちょいとDSP版を買いすぎた感もあります。アップグレード版もDSP版もそれほど価格的には変わりませんからね。Windows98からXPに7、バージョンアップで買ったそのすべてがDSP版、つまりすべてのライセンスが生きています。
b0165802_625237.jpg

買ったあとでE-350の不調の一因が分かりました。タクスマネージャーを立ち上げてみると、何もしていないのにCPU使用率が50~100%を行ったり来たり。これじゃ確かに遅いわけだ。なんで?といろいろ調べてみると、Windows Updateが勝手に起動していました。自動 Updateを切りにする。でも自動にしておかないとUpdateしそこないますね。これは解決ではない。でも起動しばらくはCPU使用率が安定しません。何もしていないのに使用率が高い。YouTubeでさえCPU使用率が90%前後、Chromeでさえその程度で下がらない。これじゃスクロールもカクカクするわけです。他のパソコンで見てみるとプラウザー立ち上げ時は上がってもすぐに1桁台に下がります。やっぱり少々問題のあるマザーボードでしたね。

Onboard マザーはこれで3枚目、E-350はファン付きでしたが、今回のはファンレス。省エネに振ったマザーと言う以外は前回買ったマザーボードと遜色ないパソコンが出来上がりました。SPDIF 光出力コネクタ も装備。SATA3 6.0Gb/s コネクタも4ヶ付いていて普通に使うには十分すぎます。早くこちらを見つけておけば、前回のはもう少し安いので良かったかも。
b0165802_6253233.jpg

まずはとりあえずWindows10をインストールする。シリアルはWindows8Proで認証、今回はBIOSモードをAHCIではなくUEFIブートでインストールしてみようと思っていたのですがBIOSでUEFIモードに入れません。DVDが未対応なのかUEFIモードのDVDからWindowsをインストールしないとダメなんですが、それが出てこない。しかたないので通常のレガシモードにてインストール。UEFIモードでWindows10をインストールすると起動が非常に早くなるそうですがチョット難しい。

これはストレージのモードもMBRではなくGPTモードにする。それとGPTモードだと2TBを超えるHDDにOSをインストールすることが出来る。ま、これはどうでも良いことだけど。

ただ、UEFIモードにしなくてもBIOSで高速起動を選択すると起動が非常に早くなります。ただ、一つ注意は超高速モードにするとBIOSをスルーしてしまうのでBIOS設定が出なくなるそうです。ま、その時はCMOSクリアすれば良いだけの事だと思うけど。これは面白い機能です。それと今回の、Onboardマザー、エクスペリエンスインデックスが6.7とすごく良い値が出ています。これほどの性能は予想外でした。嫁さんが使っているCeleron Dual-Core J1800 Onboard CPU が4.8ですからすごい進歩ですね。Dual-CoreとQuad-Core の違いでしょうか。

これだけの性能がありしかも省エネ、まだ普通のHDDで使っているのでそこまで低くはありませんけど、これをSSDに取り替えれば10数ワットになると思われます。
b0165802_6254296.jpg

都知事選始まりましたね。野党は統一候補の鳥越氏、なんだか嫌らしい。護憲派の急先鋒でしょうね。都知事には関係ない。こんな動機で都知事に立候補で通ったのでは東京は笑われます。現状に合わなくなった憲法は変える必要があると思いますけどね。自衛隊は憲法違反、それは間違いないと思う。いろいろと憲法違反がまかり通っています。その違反を解釈を捻じ曲げて通しているのが現状でしょう。

じゃ憲法違反だから自衛隊を廃止するのか。日本は丸裸になるのか、憲法を順守するために国を危険にさらすのか。憲法を守るためなら国は滅んでも良いのか。こんな論議が出来るのも日本と言う平和な国があればこそ。そんな国を危険に晒す憲法なら変えるべきだと思う。この憲法が出来た当初は占領下にあったのだから軍隊など必要なかったハズ。占領軍が出ていき日本は自国で守る必要が出来た、そのための自衛隊、憲法を捻じ曲げて作り上げた軍隊。自国を守る力がないうちに竹島を取られ多くの漁民が殺された。自衛隊が無くなれば尖閣も取られるだろう、尖閣を取られたら次は沖縄、それでも良いのか。ってこと。

憲法はそのままで変えないとなれば自衛隊は憲法違反、何もすべての項目を変える必要はないと思う。時代にそぐわなくなった部分を変えればいい。そのような議論はあってもしかるべきだと思う。そして新たな憲法を策定し、その憲法に変えるのか変えないのかは国民投票で決まる。国民が納得するような憲法じゃないと国民に認められない、認められるような憲法を作るのが政府の仕事、それすら奪おうとする護憲派は去れ。と言いたい。最終的には国民が決めること。それすらさせないのは北朝鮮と同じ。
[PR]

by tsushimaisland | 2016-07-15 06:39 | パソコン | Comments(0)