子ども置き去り

北海道の子ども置き去り、何の手がかりもなし、犬さえ反応しないとか。ちょいと怪しいと疑ってしまいますね。本当に置き去りにして行方不明になったのか。戯れ言?熊に襲われたのなら靴や服の一部でも見つかりそう。ワニのように丸呑みには出来ないのだから。

なんとか見つかってほしいと思って、なんだか気になって毎日見てしまう。車2台とすれ違ったとか言っていたけどその車に乗せられてどこかで元気にいる事を祈るしかない。戯れ言かそれ以外は考えられない気がします。戯れ言も単なる偽りじゃなく何かの手違いで子どもが死んでしまった。それを隠すために・・・何の手がかりも無いとそんなことを考えてしまう。

《監視艇つしま、ですね。保安部の巡視艇とは違うのかな。どうなんだろいう。》
b0165802_717299.jpg

自分が子どもの頃、似たようなことがありましたね。砥石渕かどこかの山道で降ろされて、なんて。でもちゃんと道を歩いていたらしばらくして迎えに来た。脇道にそれるなんてことは絶対にない、親が去ったあとを追うように歩くはず。逆に歩いて行くなんてことも考えられない。それに奥深い山道に置き去りにするなんて。

自分も子どもを道に置き去りに・・・なんて考えたことはあったけど出来ませんでしたね。出来たとしても子どもから目を離すことは無い、どこかの影から見守っているだろう。何時だったかどこかのデパートで子どもを見失ったことがあり、慌てて探しまわった事がありました。おもちゃコーナーにいましたけどね。

早く見つかりますように。

子ども見つかったようで一安心ですね。どこかで親が去った場所を見失ってしまったのか、三叉路があればその道をたどっていけば見つけるのも早かったのではないかと思ってしまいます。道を逸れてケモノ道に入るなんて考えられないのだから。

子どもとしては2度に渡って車から降ろされたらしいので、ふてくされて逆の道を行ったなんてこともあるかも。そういえば自分も子どものころ、大阪万博会場でけんかしてふてくされて一人でどんどん歩いて行って、しまいには迷子。しゃくに障ったので迷子センターなどには行かず一人でパビリオンを見て回ったことがありました。お金もそんなに持ってなかったしどうやって帰ろうかと考えながら、閉園間際に出口まで行くと親が待っていたのを思い出します。親には迷惑かけてしまった。
[PR]

by tsushimaisland | 2016-06-03 07:21 | その他 | Comments(0)