オバマ大統領広島訪問

今日はオバマ大統領の広島訪問ですね。

日本側は原爆投下に謝罪を求めない。これは良いことなのかもしれない。中韓のように何時までたっても被害者面するのは良くない。日本も真珠湾攻撃に謝罪していない?でももともと太平洋戦争と言うのはアメリカが日本に仕掛けた戦争だと言われています。

経済封鎖され、備蓄の原油も底を尽き始める。このままいくと日本は潰される。その前に勝てぬ相手に戦争しかけるしかない。追い詰められた日本は少しでも勝てる見込みのある奇襲作戦に打って出る。それが真珠湾奇襲攻撃、しかし日本が攻撃したのはあくまでもハワイにあるアメリカ軍事基地であり、一般人のいる場所じゃない。もちろん、被害を受けた一般人もいるだろうけど。
b0165802_7464824.jpg

しかしアメリカが落とした原爆の標的は一般人、これは絶対に許せない虐殺にほかならない。まさに狂気の沙汰。でもその狂気が普通なのが戦争だと思う。その意味で戦争は絶対にしてはいけないと思う。人を狂気に駆り立てるのが戦争。

70年前以前はまさに狂気の世界だったと思う。そこで行われたことを今に置き換えて謝罪を求めるのはナンセンス。人間の歴史なんてのは戦争と略奪の歴史だったと思う。イギリスやフランス、スペイン、それらの国の植民地は世界中にあった。そこでは虐殺も行われていただろう。その国の言葉も奪われ植民地支配した国の言葉に置き換えられる。

植民地支配で言葉を奪われていない国は朝鮮と香港くらいなもの?かな。よく知らないけどね。朝鮮は日本の統合で言葉を奪われることもなく逆にハングルを広めてもらった。教育もしてもらった。南大門前の藁葺き屋根の小汚いバラックが日本により瞬く間に近代的なビルが立ち並ぶ国にしてもらったはず。宗主国であった中国を追い出したのも日本。
b0165802_746573.jpg

それをなぜ韓国は被害者ずらするのかよくわからない。何時までたっても謝罪、謝罪では良い関係はきづけない。日本は十分すぎるほど謝罪しているのにも関わらず。

日米のように謝罪を求めない関係もあっては良いのではないだろうか。そのほうが良い関係をきづける。原爆投下も謝罪ではなく、原爆投下は良くなかった。原爆投下を正当化するのではなく。そのよくなかったと認めるだけで良いと思う。謝罪したところで状況は何も変わらない。ただ原爆投下を正当化するのは良くないと思う。正当化したのでは核はなくならない。

ここで朝鮮と書いたけど、韓国が建国されたのは戦後。戦前、戦中に韓国は無い。朝鮮と書いて別に韓国人を卑下している訳じゃないので。

それとあとでネット見ると韓国の被爆者らがオバマ大統領に謝罪を要求しているそうな。「オバマ大統領は謝罪しろ! 賠償せよ!  まあ、小汚い連中だね。それと在特会もオバマ来るなとデモしているとか。こんなのも日本人の恥。
[PR]

by tsushimaisland | 2016-05-27 07:50 | その他 | Comments(0)