雑談

なんだか最近、戦争が怖い!とか言って不安をあおっている19歳の女性がいたり、徴兵制など意味不明な事を言っている政党が居ますが、何なんでしょうね。

安保法案はその戦争をしないためにやっている事なんだろうけど。誰も戦争などしたくないでしょ。戦争したいのはその戦争で大儲けしてやろうと言う輩、武器商人。相手の国を手に入れたいと思う輩。そんなの日本にはいない。

もし安保法案が嫌なら、解決策は一つ、アメリカとの安保協定を破棄してアメリカを排除する事。そうすれば遠いところまで出て行く事も何もしなくていい。沖縄も基地から解放される。でもその代償は高くつくかも。日本を守るために自衛隊ではなく本格的な軍隊が必要になる。下手すれば最悪徴兵制の復活。そうならないためにやっていると思うのだが。

徴兵制など今のハイテクにはそぐわない。高度の技術も必要になってくる。たかが2年や3年の兵役で身に付くものじゃない。素人の軍隊では数だけになり烏合の衆になりかねません。徴兵制など意味がない。たんなる捨て駒に過ぎない、安保が無くなればその捨て駒すら欲しい状況になるかもしれない。

《 最近、空き地が増えていますね。2枚の写真はいづれも田渕です。空き地にすれば固定資産税は6倍に膨れ上がる。最近では空き地でなくても人が住んでいなければ6倍になる。》
b0165802_712445.jpg

集団的自衛権にしてもアメリカにおんぶで抱っこで良いのか。基地の運営費の多くは日本が払っているのだろうけど。アメリカに日本を守ってもらってアメリカが困った時には知らん顔で良いのか。アメリカの片棒を担ぐ、そうなれば日本の平和憲法がだめになり、中東からも良い目では見られない。テロの標的にもなる?だけど、日本だけは良い子に・・・でそれでいいのか。アメリカには守ってもらいたい、でもアメリカを助けることはお断り、他国からは平和国家で良く見られたい。無いものねだりのような気もする。ま、それが理想だけどね。助けてもらうけど助けない、他国からは良い国だと思われたい。自分勝手な理想だとも言える。

日本に力が無かったときはそれで良かっただろうけど、いつまでそれで良いのか。八方美人を何時まで続けられる?隣には虎視眈々と尖閣を狙っている中国と言う大国がいる。尖閣諸島を手に入れれば次は何をしてくるか、その欲は果てしがない。とにかく何かをすれば賄賂やら不正で自分がどんどん豊かになる。そのためには何でもしてくる国だ。日本だけでそれから守ることが出来るのか?さらに北朝鮮、北は戦争やりたいと常々思っていてもその力が無い。戦争やれば確実に国は亡びる。ただ今の北は自転車操業状態、やけくそで何をしてくるかわからない怖さはある。韓国はバカだからアメリカとの同盟国でありながら日本を敵国と見なしている。愚か者の韓国は無視していいだろうけど。中国と言う欲の塊みたいな国が隣なんだと知るべきだと思うのだが。
b0165802_7121758.jpg

安保でアメリカが後ろにいるなら中国は手出しが出来ない。アメリカに勝てる国はないからね。アメリカにしても中国とは戦争などしたくはないだろう。もしアメリカが日本から撤退して安保がなくなれば中国はやりたい放題やりかねません。もちろん中国も日本とは戦争などしたくは無いと思う。したって勝てる保証はないし、アメリカ相手と違って負ける気はしないだろうけど、それでもただでは済まない。へたすれば中国共産党の終焉になるかもしれない。でも尖閣で小競り合い程度なら喜んで仕掛けてくる可能性はある。局地的な戦争、全面戦争にはならないだろうけど。尖閣を手に入れれば次は沖縄、アメリカの出方を確認しながら徐々にやってくるかもしれない。アメリカも同盟国でなくなればそうやすやすとは手を出せない。非難決議で終了、経済制裁も中国相手ではやりたくないだろう。たんなる非難決議だけで終わって尖閣は中国のものになる。竹島も守れず韓国に取られた日本に中国相手に島を守ることなどできるとは思えない。

そうならないためには相手を上回る軍事力が必要です。今の日本は防衛力は優れていても攻撃力はない。こんな国なんて怖くもなんともないだろう。攻撃力はアメリカにおんぶいだっこ。専守防衛なんて綺麗事言っているとどうなるのか。戦争なんて汚いものだと思う。

集団的自衛権にしても憲法違反だとは思うけど、ある程度は仕方ない面もあると思う。自国防衛するためには犠牲にしなければならない部分もある。自分の手を汚さずにできる時代じゃなくなっているような気もする。一国だけで国を守るためには核も必要になるかもしれない。持たないためには持っている国に肩代わり。これだってある面では持っているのと変わりはない。非核三原則など絵にかいた餅。綺麗ごとはあくまで綺麗ごと。
[PR]

by tsushimaisland | 2015-06-30 07:46 | その他 | Comments(0)