新中対馬病院

新中対馬病院です。でかいですね。隣はそうごう薬局。3階建てで非常にでかい薬局ですね。中も広々しています。中対馬病院で診察料を払い、そしてここでまた薬を貰うために待つのか。雨が降れば傘をさして別の場所に移動。そんな事するよりも厳原の人だったらティアラに行って永瀬で薬を処方して貰う方が良い。さらにここの先というか国道を曲がったところに、赤い建物の薬局も出来ています。ここはドライブスルーになっているようですね。薬合戦みたいであちこち競争して貰うのは良いことです。でも病院は競争を嫌っているようですね。

いづはら病院跡には何も来ないとか。ちょいと話が違うんでないかい?と言いたい気分です。来る方はある程度の規模で来たい、そりゃ民間ならばそれで利益が出なければやっていけません、対馬くんだりまで慈善事業をしに来る訳じゃない。でも市は適当にやって貰わないと新中対馬病院が成り立たない。こちらはどんどん競争して良い医療を提供してくれればそれで良い。でも市は競争を嫌いこれを拒否、結局は島民の事なんかどうでも良いわけですね。
b0165802_7212957.jpg

新いづはら病院が出来て良い医療を提供してくれれば、やかやか内地まで行かなくて良いんです。島外に逃げる患者を引き留める事が出来ればある程度の規模で来て貰っても両病院とも成り立つと思う。新いづはら病院が良い医療を提供したのでは、新中対馬病院が立ちゆかない。そんな目先の事しか考えていないのでしょうね。やれやれですね。

中対馬病院といづはら病院の病床を足した数よりも新中対馬病院の病床数は大幅に少ないはずです。人口減を考えれば将来的には良い数になるのでしょうけど、今は足らないはずです。それを補う新いづはら病院のハズが誘致しない?事に。病室が足らず入院出来ない患者さんはどうぞ島外へ。島外の病院に入院が普通になればどのみち新中対馬病院は成り立たなくなるかもしれません。とくに厳原の人はこぞって原三信病院へ行くでしょう。フェリーから降りたらプラカード持って原三信病院の人が迎えに来てくれるのですから。

フェリーやジェットフォイルで行って原三信で診てもらい、あとは博多で買い物して美味いものでも食べて、映画でも見て夜中のフェリーで帰れば日帰り受診が出来る。昔から厳原の人は博多に行き、上の人は厳原に出掛ける、今は鶏知に出掛ける。厳原の人は博多の病院に行くことを何とも思わない。それを引き留める事が出来なければ、新中対馬病院も先行きどうなんだか。

《雨降りでも濡れないように屋根をつなげるべきじゃないのだろうか。屋根の高い車は左側から入れば良いだろうに。しかしそうごう薬局、すごく広く綺麗です。》
b0165802_7214065.jpg

新中対馬病院、医者の数が2人ほど足らない?新病院を建てれば医者の確保はやりやすくなるハズじゃなかったのか。医者を高待遇で迎えて病院の職員の給与は大幅カット。医者と看護師は足りても職員さんのなり手が居なくなる。いきなり給与を落とせないので数年掛けて落としていく、若い人はその給与ではやっていけない、さらにどんどん島外へ。

医者や技師さん、看護師さんのスペースは広く取り、職員のスペースは限りなく狭いとか聞きますね。昼食取るのも狭い場所で肩を寄せ合いながら取らなければならないとか、食事が終わったらすぐ出ないと場所がない。待遇最悪らしい。それは新中対馬病院でもそれほど変わらないらしい。多少広くなる程度?これで良い医療を患者さんに提供できるのかはなはだ疑問ではある。声の大きい医者や看護師、技師の人は待遇が良く、何も言えない職員は隅に追いやられる。箱物だけ、見てくれだけ良くしても中身が無ければ何にもならない。
b0165802_7474671.jpg

厳原中心部の人はここを対馬病院だなどと思ってはいません、たんに中対馬病院が規模拡大して移転、そして厳原は見捨てられるとしか見ていない。見捨てた議員はそのうち見捨てられる。
[PR]

by tsushimaisland | 2015-04-10 07:26 | その他 | Comments(0)