海から見た和多都美神社とLED蛍光灯

和多都美神社を海上から写しました。望遠でブレないようにカメラを構えて写しましたけど、いくらしっかり構えても足元が揺れるのでブラさずに写すのは非常に難しい事ですね。望遠端で写した写真は厳密に言うとほとんどブレていまいた。
b0165802_542482.jpg

LED蛍光灯をさらに6本買い足しました。今回は少し安手のを購入しました。1本1,580円です。前回はアマゾンで2,670円ですが、今回はYahoo!ショッピングにて購入しました。しかしYahoo!で買うと届くのが遅いですね。アマゾンだと購入から届くまで3日程度でしたが、Yahoo!だと1週間もかかりました。しかも何時発送かのメールも届かない。どうなっているのかサッパリ分かりません。そう考えるとアマゾンって良くできていますね。しかもアマゾンではバカじゃない?と思うような厳重な梱包で来ます。頑丈なケースに1本1本入れてあり中スカスカの箱に入れて配達しますが、Yahoo!の方は薄っぺらい紙のケースに入っていてそれをプチプチで包むだけの簡単な梱包、よくこれで壊れずに配達されたものだと思うほどです。しかも、HPの方にはアマゾンと同じ梱包で発送すると写真もありましたけど、これも完全な誇大広告ですね。内容に偽りありです。
b0165802_543337.jpg

高輝度 LED蛍光灯 40W 直管LED蛍光灯 1,580円 6個 9,480円 420Tポイント、8,000円以上送料無料になっていたので6本注文です。これでLED蛍光灯が14本になり、使っている蛍光灯も残り5本になりました。うちの蛍光灯だと2本同時でなければ点灯しません、一器具に2本の蛍光灯だと部分的に明るすぎる場所も出ます。無駄なので1本に改造しようかといろいろ調べてみると無理みたいですね。安定器を1本用に取り替えるか、ダミーの蛍光灯を取り付けるしかないみたいです。それだとLED蛍光灯を買った方が安上がり。
b0165802_5432134.jpg

今回のもSMD蛍光灯で全光束 2400lmですからアマゾンで買ったのと公称の明るさは同じです。それよりも300円安いのは全光束 2000lmですから暗いと思います。価格との釣り合いを考えた方が良いかも。

最近のLED蛍光灯はグロー式だとグローランプを外しただけで改造せずとも点灯しますが、うちが使っているのはラピッドスタート式だと思うので安定器をバイパスする必要があります。ネットを見てみるとラピッドスタート式は消費電力が大きくインバーター式に交換する事が望ましいと書いていました。LEDに換装するのは理にかなっていると言えるかも。と言うことは2灯式で90Wと考えていましたが、それ以上の消費電力があるのかもしれませんね。
b0165802_543361.jpg

グローランプが付いていない蛍光灯器具でインバーター式でない蛍光灯はラピッドスタート式と言うことになり消費電力が高い。事務所や店舗で今でも使われている器具だそうです。そのような器具を使っているところはLED蛍光灯に取り替えると良いと思いますよ。インバーター式だと3割ほど消費電力が低いので急いでLED化する必要はないのかも。
b0165802_5435136.jpg

予定ではそのつもりだったのですが、いざ商品が届いて取り付けてみると明らかに暗いですね。アマゾンで買ったのと公称値は同じ2400lmですが、一番最初に買ったLED蛍光灯の2160lmのよりもまだまだ暗い。これは表示に偽りありです。そして軽いですね。中身がスカスカみたいな気がします。今回のは1本226g、アマゾンのは1本347g、こちらは性能には関係しないとは思いますが。やっぱり安いのはそれなりと言うことなんでしょう。しかも接続部が回転しないので自由度がありません。こちらはネット上になんの記載もありませんでした。良心的なところだと回転しないと書いてあるのですがこちらはそのよな記載はなし。出来ることなら数年は持ってほしいところです。すぐに壊れたのでは本当に安物買いになってしまいますね。
b0165802_544391.jpg

しかしまあ、これで6本のLED蛍光灯が114W、外した蛍光灯が2本式蛍光灯器具4つ計8本の蛍光灯で360W、計246W削減ですね。もしかしたらそれ以上かもしれません。まあ、これだけ値段が安いと8ヶ月程度で元が取れるかもしれません。その間壊れなければですけど。明るさも問題ですが一番の問題は回転しない事かもしれません。逆富士型の蛍光灯器具に取り付けると位置が非常にまずい。
b0165802_1045377.jpg

改めて見てみましたけど、左がヤフー店での梱包のしかたで、これで送りますから安心ですとのことです。これはアマゾンでも同じですね。さらにアマゾンではこの分厚い筒に入れてあり、さらにでかい箱に入ってきます。これはこれで過剰包装と言えますけど、実際にヤフー店から届いた時には右の薄っぺらい紙の箱にプチプチで包んであっただけです。搬送中にちょっとぶっつければ壊れてしまう状態で送ってきましたね。

でも中身のLED蛍光灯はちゃんと点灯しましたし、暗く回らない以外はまあ価格相応と言う気はします。余計な嘘の記述をしていなければ良いんですよね。「拓山のご購入有り難うございました!おかげ様で、弊社のLED蛍光灯が売れ筋商品ランキングで上位独占しました!」と書いています。嘘だろ!と言いたい気分ではあります。真に受けたらダメだと言うことかな。
[PR]

by tsushimaisland | 2014-11-08 05:57 | その他 | Comments(4)

Commented by coppoumon at 2014-11-18 10:33
できることなら、いつか、満ち潮のときに船でこの鳥居をくぐって参拝してみたいとおもいます。
秦族となんらかの関係があるのじゃないかと、この神社を、常々、そう思って考えています。京都の蚕ノ社(かいこのやしろ)にも、三本鳥居があるのです。
Commented by tsushimaisland at 2014-11-19 00:18
こんばんは。

満ち潮の時ですね。それも良いかもしれません。
引き潮の時は歩いてくぐれますけど。ちょっと情緒がないかでしょうか。

こんな感じの鳥居はほかにもあるようですね。
Commented by coppoumon at 2014-11-19 16:08
三本鳥居というのは、三本足の鳥居です。
和多都美社のは大きくないので、見逃しやすいですね。
私は、秦族のさきがけが、まず対馬に上陸した場所がここだったのではないかと思うのです。
文書も言い伝えも残っていないので、なんともいえません。

そういえば、引き潮で、小さな島に渡ることが出来る場所もありましたね。
Commented by tsushimaisland at 2014-11-20 00:05
こんばんは。

3本足の鳥居ですか?3本鳥居が立っているという訳ではない?その辺はよくわかりませんけど。良くご存知ですね。

引き潮で渡れると言えば根緒の3つ島があると思います。渡ってみたい気はするのですが、まだ見たことはありません。近くなので一度渡ってみたいですね。