明日からみなと祭り

明日から祭りなんですが、どうも台風が・・・
b0165802_724249.jpg

韓国人はかなづちが多い。と書いたことがありますが。書いた後でこんな事がネットに出ていました。日本の高校でサッカーをしている学校は4174校で15万人。韓国は137校で日本の1/30でしかない。人口的には1/10になるかな。高校野球は日本では4000校以上あるが、韓国は53チームしかない。甲子園に進む程度の数が全てですね。水泳をやっている高校は30校程度しかなく、日本の水泳人口マスターズ登録数22万人とは大違い。韓国の水泳人口は4000人。

韓国は学業の妨げになるクラブ活動はほとんど無くスポーツをする子は専門の体育高校に行き、そして大学に進んでプロになる。少数精鋭の英才教育。日本は学校の部活でするが、韓国は一流の選手を育てる為に限られた人だけがスポーツをするとか。普通の民衆には勉強させ余計な事はさせない。スポーツをする人は国の威信をかけて集中的に英才教育を施す。ある意味合理的なのかもしれません。しかし一般国民には勉強ばかりさせ、選ばれた人にはスポーツばかさせる。一種の分業化?でもそれでは人格形成の場が無いとも取れますね。競争に勝ち抜きさえすればそれで良いなんて人間が出来上っては困ると思うのだけど。

《久田にある神社のお祭りですね。》
b0165802_7243830.jpg

水泳も学校で教える事はなく基本的に韓国人はかなづち。8割の韓国人はは泳げないそうです。海洋警察も11、000人のうち6割は泳げないとか。全く泳げないが3割。500メートル以下しか泳げないが3割。ま、500メートル泳げれば泳げないとは言わないけど海洋警察ならば失格ですね。

日本の海上保安庁だと5マイルと9マイルを必ず泳ぐ。女性が5マイルなのかもしれません。9マイルと言えば14.5キロを遠泳する事になりますね。保安庁の試験がテレビであっていましたけど、試験に臨むのは一般の人もいるそうで最終試験はその遠泳。そしてその遠泳が出来ない人は試験の前にやめていくようです。かなり過酷な試験のようですね。

私は2キロ程度しか遠泳した経験はありませんけど、ただこれは時間無制限での話です。時間制限があれば泳げないでしょうね。でも時間無制限ならどこまでも泳げるけどね。疲れたら背泳に切り替えれば良いだけだし、動けなくなれば静かに浮いていれば良い。低体温症にならなければの話だけど。最近のニュースで沖合で流されて20時間漂流、その人も仰向けになり泳がずに静かに浮いていて助かったとか。これを背浮きと言うらしいですね。テレビでは難しいとか言っていましたけど簡単です。私は海で泳ぐ時によくやっていました。うちの嫁さんもよくやっていたとか言っているので今の人は出来ないのかな。

《ある一般の家?の玄関に貼ってあったのですが、なんと書いてあるのでしょうか。》
b0165802_7244911.jpg

しかし本当にクラブ活動が無いとは信じられない。ま、裕福な家庭だと学校が終わってからいろいろな塾とかに通って習い事もやっているとか言いますけどね。韓国人が子どもの教育に使う金額って凄いとか。私はクラブ活動でテニスや剣道、陸上をやっていましたけど。それが無いとなると一般の韓国民が出来るスポーツなんて学校のわずかな時間の体育授業でやるだけってことになりますね。なんだか韓国人の印象で韓国人は皆テコンドーをやっているイメージがありましたけど違うんですね。殆どの韓国人はスポーツ出来ないのかも。うちの息子だと小学2年から高校卒業まで剣道していて3段を持っています。

クラブ活動で中学、高校と夏休みも春休みもありませんでしたね。ほとんど毎日クラブ活動で学校に行っていました。高校になれば補習もあるし、自分たちの頃とは大違いです。
b0165802_7414722.jpg

それだけ受験戦争が激しいのでしょうね。クラブ活動していたのでは競争に乗り遅れてしまう。学校は勉強するだけ。その競争に勝ち抜いても良い就職先はなかなか無い。裏を返せばスポーツをしている人は勉強は出来なくていいと言うことにもなります。勉強よりもスポーツ、そのスポーツで出世するのが責務なんでしょう。だからサッカーでも勝ちさえすればどんなラフプレイも許される。YouTube見ると野球でも肘を突き出してわざとボールに当たりに行くとか。そのような競争だけの社会ってどうなんだろう。自ずと利己主義者の量産。儒教の教えで目上の人には低姿勢でも少しでも下だったら・・・これは良い面も悪い面もあると思います。相手と対峙するときに相手が自分よりも目上か下かを探る。上だったら諂い、下だったら横柄な態度を取る。相手をみて態度を変える思想が良いとは思えませんけどね。
[PR]

by tsushimaisland | 2014-08-01 07:44 | その他 | Comments(0)