眼鏡

ネタが尽きてきたと言うのもありますが、天気が悪いと写しにもいけませんね。仕事が終わってウオーキングに出かけたときの写真です。久田道の湾岸道路をウオーキングしています。
b0165802_7223352.jpg
b0165802_7222649.jpg
b0165802_7222175.jpg

眼鏡の話でも。メガネを作ったのですがフレームは6年前に買ったチタンフレームにレンズのみを新たに新調。今使っているメガネは幾つかあります。メタルフレームの眼鏡で今は度数を落として風呂用眼鏡として使っているのと、ナイロールフレームのメガネで単焦点レンズ、JINSで作った眼鏡、そして今回のチタンフレームメガネ。またそれ以外にも古いメガネが幾つか。

遠近両用を6年前に買ったときに風呂用のメガネも一緒に作りました。メガネのコーティングが剥がれてしまい見えにくくなった為ですね。コーティングが剥がれる一つの原因として風呂でもメガネをかけている事です。コーティングは熱に弱いために風呂に入ると剥がれ易くなってしまうそうです。そこで風呂用の度数を落とした安手のメガネも一緒に作ったわけですね。

ところがチタンフレームの方も6年がたちまたまたコーティングが剥がれ落ちてしまいました。そんなに風呂では使っていないのに。そこでレンズのみを入れ替えたと言うわけですね。ちょいと可笑しいのは風呂で掛ける安物メガネは傷一つ入っていません。コーティングも全く落ちていない。ところが普段かける高級なメガネはコーティングが落ちてしまいました。使用頻度が違うと言えばそれまでですけどね。

メガネと言えば昨年5月にJINSで中近両用のメガネを作ったばかりなのですが、こちらはちょいと中途半端でしたね。中近両用なので近くは見えても遠くが見ずらい、見えない訳ではありませんが、やっぱり車を運転するときにはちょいと不味いかなと。

そこで普段はコーティングの剥がれたメガネを、風呂に入るときには風呂用のメガネをして寝るまではそのメガネ、結局JINSで作ったメガネは掛ける間が無い。JINSメガネを使うのは車を運転する事のない旅行の時だけになってしまいました。

と言うことで眼鏡のレンズだけを買い替えたのですが、測ってみると多少度が進んでいますね。確かに遠くがかすんで見えていました。そこで度数を上げて作りました。これで遠くはハッキリと見えるようになりましたね。1.2程度までは見えています。ところが遠くがハッキリ見える代わりにパソコンの画面等を見る時が見にくくなりました。手元は遠近両用なので見えるのですがパソコン画面は遠用を使って見るので目が疲れてしまいます。

最近目が疲れると思っていたらこれなんですね。手元と遠くは見えるのですが中途半端な距離が見ずらい。これは困ったなと思っていると思い出したのが中近両用のJINS眼鏡です。これを掛けるとその中途半端な距離が良く見えます。そんなわけで普段は中近両用のJINS眼鏡を車を運転するときには新しい眼鏡をすることにしました。

JINSで作った15,000円足らずの眼鏡もちゃんと見えますね。割引で買ったレンズだけで35,000円もするホヤの眼鏡も当然見えますが、安物でも特に問題なく見えています。私の知り合いがこれは夢のレンズだと言って天神にある愛眼で20万?もする眼鏡を作ってかけているのですが、夢ならその眼鏡をかけることで眼鏡なしでも見えるようになるなら、それは確かに夢のレンズ。それなら私も欲しいけど。いったい何が夢のレンズなのか意味がわかりませんね。夢だと称して高額な眼鏡を売りつけているとしたらそれはどうなのか。昔から愛眼を知っている私としては愛眼は安物眼鏡店としか印象がありません。安物店として敗北したので夢と称して超高額な眼鏡を売っているとしたらそれはどうなんだろうか。
[PR]

by tsushimaisland | 2014-06-13 07:57 | その他 | Comments(0)