3灯式ペンダントライトソケット購入

3灯式ペンダントライトソケットを注文してみました。その前に電球型蛍光灯12Wの消費電力を計ってみると13W、7.2WのLED電球は6W、6WのLED電球は5Wでした。注文した3灯式ペンダントライトソケットはコードが長めの方を注文、価格は2,980円ですね。短いのは天井の高さが2.2メートル、長いのは2.5メートルのようです。自室の高さが2.5メートルだったので長めの47センチタイプを注文しました。ついでに、27W卓上蛍光灯は23W、別の27W卓上蛍光灯は25W、25W白熱灯の卓上灯は22Wでした。

問題はどの程度の電球を買うかです。評価を見てみてもよくわかりません。485ルーメン×3灯でも明るいと言う評価もあれば暗いとの評価もあります。試しに485ルーメン電球を2灯点けてみると確かに暗いようです。そこで825ルーメンの60Wタイプの電球を2灯買って、手持ち485ルーメン、40Wタイプを加えて3灯にすることに。これで暗ければ825タイプか1050タイプを買い足せば良いだろうと言うことに。
b0165802_7331230.jpg

SILKYPIX Developer Studio Pro 5 for Panasonicにてシネフイルム調に画像加工
b0165802_747469.jpg

ハードモノクローム加工に多少HDRをスパイス的に。時代をさかのぼった感じはするかな、余計な物が写ってはいるけど。

LED電球を買ってみるとなかなか良さそうです。蛍光灯だと点けたり消したりするとランプの寿命が短くなります。昔はたしか1時間程度なら点けっぱなしの方が良いと言われていました。これがLEDだとオンオフで劣化しないのでちょっと席を外すときにも消せば省エネにはなるでしょう。蛍光灯のように点けっぱなしにする必要がないのは良いですね。

今自室6畳間の蛍光灯は40+32Wです。これを買ったLEDに置き換えると9.2+9.2+6=24.4Wですね。50W近い節電になればまずまずでしょうか。これで明るければの話ですけど。そう考えると意外と節電効果はあるのかなと思います。電気の消費は冷暖房の次が照明器具だそうですから。これから徐々にLEDに置き換えていくことに。

私は電球を取り替えるときには取り替えた日付をマジックで書いています。今使っている蛍光灯40型は平成18年11月、7年近く持っている?もうかなり暗く取り替え時は過ぎています。32型が4年半、LEDなら20年以上変えなくて良いと思うので私の余命と競争ですね。たぶん私の負けが濃厚のようです。寿命4万時間といっても新品から80%前後まで暗くなるのが4万時間のようですから寿命を超えても十分使えるでしょう。ただ、LED球はよくてもその他が劣化して寿命前に壊れるかもしれませんけど。LED電球って真ん中金属部分がかなり熱くなりますからね。逆に電球部分は殆ど熱くなりません。蛍光灯や白熱球と逆ですね。
[PR]

by tsushimaisland | 2013-06-21 07:38 | その他 | Comments(0)