ドライブレコーダー取り付け

ドライブレコーダーを購入して早1ヶ月になります。最初は車載用ブラケットを去年9月に購入して、それに小型の三脚用自由雲台を取り付けてNEX-C3を車に搭載していました。これだとカメラを正面に取り付けられるのですが、何しろ重くてブレます。少々めげていたところ知り合いがドライブレコーダーを付けていたのでこれを購入しました。
b0165802_773078.jpg

ドライブレコーダーを取り付けるとこんな感じになります。至って簡単です。カメラ自体も軽くてブレが少ないようですね。逆にデジカメをまっすぐに取り付けるのはかなり難しいようです。なにしろ三脚穴は下ですからね。これを無理に正面に取り付けようとすると、いびつな格好になり不安定になってしまいます。カメラの重さと不安定さで路面のショックがもろに動画に反映されてしまいます。

考え方を変えてデジカメを逆さまに取り付けて撮影し画像処理で天地をひっくり返せばちゃんとした動画になりますね。これだと取り付けも簡単だし。

これでデジカメをドライブレコーダーの代わりに出来ますが、デジカメだと画角が狭いです。換算24mmで83度しかありません。ドライブレコーダーだと150か160度かその程度はあると思います。その分画像は魚眼並に歪みますけどね。
b0165802_781571.jpg

上の画像はデジカメを仮に取り付けてみました。以前はこれに自由雲台を間にかませ90度傾けてデジカメを取り付けていました。それだと非常に不安定で揺れてしまいます。デジカメの重みで吸盤が外れることも。取り付けもフロントガラスではなくてサイドガラスに付けていました。

事故時の証拠確保と言う観点からだけ見るとこのドライブレコーダーをリアガラスに取り付けて後ろから前方を撮影すれば真横から突っ込んできた車でも確認出来るでしょう。リアガラスに取り付けるのも電源コードが4メートルほどあるので何とかシガーライターまで届くと思われます。シガーライターも分岐を取り付ければ2台、3台とシガーライターソケットに付けられます。

将来的にもう一台買ってフロントとリアガラスの取り付ければ万全かな。そこまでする必要があるのか疑問ではあるけど。ま、正面からだけ録っていても事故時に自分がちゃんとした運転をしていたかどうかは分かるでしょう。真横から突っ込まれてドライブレコーダーに映らなくても。

このドライブレコーダーはノイズがひどいそうです。ナビとかレーダーを付けているとそれらに悪影響を及ぼすノイズで困ったことになるとか、でも私はそのような物は取り付けていないので全く支障は出ていません。購入の際には価格コムとかアマゾンの評価を参考にすると良いと思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130603-00000319-oric-ind

こんな記事もありますね。
[PR]

by tsushimaisland | 2013-06-13 07:20 | その他 | Comments(0)