戦中の写真

誰が写しなのかわかりませんが、こんな写真が数多くうちにあります。
過酷な時代だったのでしょうね。父は多くは語りませんでした。思い出したくないのかもしれません。
b0165802_7304558.jpg

b0165802_731548.jpg

うちの父はこのような戦車隊の隊長だったそうです。20代前半で少佐だったとか。官立広島高等学校(現在の広島大)を出ているので卒業即幹部だったのでしょう。
b0165802_7311618.jpg

写っている多くの人はもうこの世にはいないでしょう。誰なのか私にもわかりません。
b0165802_7312996.jpg

今少々困った事が発生しました。事務所で使っているページプリンターのイエロートナーが切れかかってしましました。プリンターの状態はカラーは3色とも80%でブラックが60%良好となっていたので安心して使っていました。安心と言ってもこのところ調子が悪く買い換えを検討していたところでもあります。買い換える前にトナーを使ってしまおうと思っていたら。突然イエロートナーが取り替え時期です!なんて警告が。

状態を再度確認するとブラックは40%良好、イエロー以外は80%良好、問題のイエローはなんと60%で交換時期!60%でいきなり交換時期は無いだろう。トナーを取り外してみると確かに空に近い感じ。プリンタードライバーで消耗品の状態表示が間違っている。と言うこと?今は極力黄色を使わずに印刷していますが、徐々に10%に減少、黒もエンプティに近づきつつあります。なんにしろ状態は正確に表示してほしいものです。

今使っているページプリンターはNECの1700Cです。相当古いプリンターで定価10万近くするのを6年ほど前に3万円で買ったものです。その前はキャノンのページプリンターで確か5万程度したと思います。今回は1700C後継機の一つ上のプリンターで5750Cを候補に選びました。5750CだとWindows8のドライバーもあるようです。価格は定価10万近いのが1万2千円ほどです。ただ5750はでかい、1700Cと同程度のでかさです。
b0165802_7362793.jpg

ページプリンターって高いですからね、このような型落ちを安く買うのが吉です。1700Cは6年間でカラートナーの買い替えは無しでブラックトナーだけ買い替えました。それだけで6年近く使えるんだから良いですよね。カラートナー切れが買い替え時、その買い替え時が突然訪れました。カラートナー3つ買い替える金額で本体が楽に買えるんですから。調子の悪いプリンターのトナーを買う選択肢はありません。

このページプリンター6年間で結構印字したと思います。大量と言うほどではありませんけど、これをインクジェットで補えばインク代もバカにならないと思うほど。

ページプリンターの良いところはたまにしか使わなくてもインク詰まりはしないし、インクジェットのように電源投入でインクを消費しない。インクジェットのように専用紙を用意する必要はなく普通のコピー用紙で十分です。普通紙でインクにじみも皆無で綺麗だし水にも強い。デメリットはデカく電気を食うこと写真印刷には向かない。

逆にインクジェットのメリットは写真印刷が綺麗。プリンターも安く小型。デメリットは電源投入時にインクを消費する。インク詰まりしないようにインクを噴射して起動するからですね。たまにしか印刷しないのならランニングコストは高いかも。そしてノズル詰まりがたまにある。詰まったらノズル清掃でこれまたインクを消費する。そしてあまり知られていないかもしれませんが、このように印刷せずにインクを消費することが多くなるとプリンター内部のインクだまりがオーバーフローする。普通はオーバーフローする前に壊れますけどね。互換インクなどを使ってインク漏れなどするとオーバーフローが早くなります。私はこれで一台プリンターを廃棄、ある日突然原因不明の印字不能になりこの事を知りました。こうなると修理するか買い替えるしか手段が無くなります。

と言うことでNTT-X Store のナイトセールにてNEC MultiWriter PR-L5750C定価94,290円を11,980円送料無料にて買うことにしました。4年程前の機種ですね。別の通販、e-TRENDでは箱汚れ品が11,800円で売っていましたけど、NTT-X Storeのまともなのに決めました。価格.comの最安値よりも多少安かったかな。

今使っている1700Cもたぶんこれも最初に買ったキヤノンのページプリンターと比べると印字品質が多少悪いですが、悪いと言うかトナーインクの乗りがキヤノンよりも落ちます。例えば官製はがきに印刷するとインクがボロボロと落ちる。ページプリンター専用の光沢紙がありますが、これに印刷すると印刷面が剥がれ落ちる。というようにインクの乗り、定着性が悪いようですが、何といっても安いですからね。ま、普通紙に印刷する分には全くかわりませんし。これで良いか。という感じ。それと定形外用紙に印刷するのにはちょいと面倒です。定形外用紙の設定がやりにくい。こんなところはキヤノンに劣ります。多少新しいPR-L5750Cで改善されていることを願いますが。たぶん変わらないでしょう。
[PR]

by tsushimaisland | 2013-01-24 07:51 | その他 | Comments(14)

Commented by 島と天然記念物好き子 at 2013-01-27 18:35 x
こんばんわ、島旅行探しに対馬を調べ中、たまたま立ちよらせていただきました。
お写真を拝見させていただいてみて、島というとのんびりしたイメージでしたが対馬は渡航先の街も大都会で関東と変わらない感じですね。余談ですが、地元の方が内地の人の分まで国境線を担ってくれて見えて偉いです。平野にはないものがあるんですね。
何もできなくてヤマネコ米を買ったり、自然や歴史の観光に行きたくなりました。
素敵なHPを有難うございました~!
Commented by tsushimaisland at 2013-01-27 23:18
いらっしゃいませ。

観覧ありがとうございました。そうなんですよね。対馬島民は国境を守る防人です。これから先も未来永劫国境を守っていけるように、人口が減らない対策が必要だと思います。

いつか対馬にもお越しくださいませ。ではまた。
Commented by coppoumon at 2013-01-30 08:56
対馬の出身者で、少佐にまでなった人は数人しかいないと、父から聞かされたことがあります。お一人は鶏知の方です。可愛がってくださったけれど戦争の話は一言もでなかったです。
もうひと方は、お父上だったのですね。
Commented by tsushimaisland at 2013-01-30 23:55
こんばんは、

少佐まで行ったのは数人ですか、その辺は良くわかりませんが少佐だと聞いています。その当時に対馬から官立の高専に行ったのはそんなに多くはなかったと思います。父が亡くなった未だに広島大学から案内が届いています。戦時中まっただかなでの機械科卒は花形だったのかもしれませんね。父の同級生に言わせればあれだけの学校を出れば出世して当然だと嫌味を言っていたのを聞いたことがあります。まあ、頭は滅茶苦茶良かったですね。

軍に入ったのは単なる赤紙での召集なのか、当時の最高学部卒業で即幹部候補生での召集だったのかその辺は何も聞いていません。聞いたのは少佐で戦車隊の隊長、フィリピンで戦っていたそうです。それだけで他は一切話したがりませんでした。

戦争が終わってからは・・・終戦の騒乱期どこも就職先が無くて対馬に帰ってきたとか。柔道3段、実力は対馬でもトップクラスだったとか。若いころはよく今屋敷にあった武道館で練習していました。結構豪傑だったのかもしれませんね。子どもの頃でかい声で怒鳴られると震え上がっていたのを思い出します。
Commented by coppoumon at 2013-01-31 20:07
鶏知の方は職業軍人だったので、戦争直後は職に就けなかったようです。抑留から帰ってこられた方でした。
公民館の裏の武道館・・あれも不思議な建物でしたね。いつ建ってどういう経緯で無くなったのか。武道館の裏にひと家族住んでおられましたね。あの人たちもどういう人だったのか。
数年前にあの通りを歩いたら中上米穀店が無くなっていました。
Commented by tsushimaisland at 2013-02-01 00:17
鶏知の方は職業軍人さんでしたか、うちの父は当時の最高学部卒だったので実力外で上に上がったようなものかもしれません、父の同級生が陰口言っていたのもその事だったように感じました。もちろん成り上がりでもその実力は十分あったと私は思っています。

戦争で敵とは言え多くの人を殺めたのでしょうから話したがらなかったのでしょうけど、今の広島大学機械工学部を優秀な成績で卒業した事とか柔道で強かった等は父の自慢でした。とにかく何でも自慢にするのが得意な父でしたね。よくそれだけ自慢できる事があるものだと感心したものです、私は何も自慢することが無いから。

今の十八銀行裏あたりにあった武道館もその隣の公民館も十八銀行が出来て崩したのかなと思います。公民館は道を挟んだ近くに出来て、武道館はお廃止のままですね。そういえば父は柔道のほかに弓道もやっていました。弓は今でもあります。
Commented by coppoumon at 2013-02-01 17:45
あの公民館は、勝井騒動の勝井の屋敷だったことを、消滅してだいぶん後で知りました。入口に土蔵があって、武家屋敷にしてはめずらしく2階建てでしたね。記録ぐらい残して欲しかったですね。
あの公民館にも人が住んでいましたね。何だったのでしょう。

桟原城のことを練兵場と言っていたことを思い出しました。先っちょのことを「突破先」と子どもの頃は皆が言っていましたが、これも軍隊語の名残なんでしょうね。
Commented by tsushimaisland at 2013-02-02 07:38
勝井騒動、知りませんでした。調べてみましたけどよくご存知ですね。私は対馬で生まれて対馬で育ち対馬に生活していますけど、対馬の事をあまり知りません。対馬事件などは聞いたことがあってもその内容までは知りません。

2階建てでしたっけ、父と一緒に武道場で柔道の真似事をしていたのはまだ子どもの頃だったのであまりよく覚えていません。柔道は受け身程度しか出来ませんね。剣道はしていましたけど。あと何年後かにビジターセンター跡に博物館が出来る予定なのでそのへんの記録がわかるかもしれませんね。

練兵場と言うのも知りませんでした。父も頑固おやじで、私の友達からも恐れられる存在だったようで、滅茶苦茶怖いオジサンだったとか。そんな感じで父とは余りしゃべらなかった。今考えるといろいろと聞いておけば良かったと思います。

公民館に住んでいたかどうか知りませんが、その公民館の人は近くにいますね。もうずいぶんな歳だと思いますけど。
Commented by coppoumon at 2013-02-02 09:35
勝井さんはお寺がご一緒でした。勝井を名乗るのをはばかって苗字を変えておられます。五八郎さんの墓石の場所も知っていますが、罪人として葬られたので、赤い久田石が二段積んであるだけです。万松院にもそういう墓はあります。

公民館の人、おられるのですか。4時半ごろいつも食事の用意をしていたので、住んでいたのだと思います。そういえば、子供の頃空家などなかったように思いますね。1軒の家を数世帯で住んでいることは多かったです。
Commented by tsushimaisland at 2013-02-03 07:33
罪人のお墓だと、戒名みたいなものもないのでしょうね。

私が子供の頃に公民館の館長?のような人は近くにいます。
もう80過ぎている方かな。

今は空き家が多いですよ。うちのすぐ裏にもありますが、火事などあったらどうするのかと思ったりもしますし、よくウオーキングする道筋にも人が住んでいれば立派なのに、と思うような空き家もありますね。私の遠い親戚の家も今や誰も住んでいません。そういえばうちの祖父の家も空き家です。そのような田舎だと空き家ばかりとかですね。
Commented by coppoumon at 2013-02-03 23:31
戒名は2段重ねの石だけでは刻み様がないですが、悪人なおもて往生す、というので、お寺の過去帳には戒名が書いてあるかもしれませんね。和尚様が存命のうちに聞いておくべきでした。

公民館の館長ポストにはどうやって収まるのか、これも私には謎でしたが、この館長さんのような人、は、共通の知人かもしれません。苗字ではなくて名前が「順・かのう」という難読な方じゃなかったですか。

空家の多いのは心が痛いです。とくに江戸時代の家は減ってしまいましたからね。体がいくつかあれば、留守番に住んで差し上げたいくらいです。
Commented by tsushimaisland at 2013-02-04 07:45
こんにちは、かこちょう。よく聞きますが、過去帳なんですね。

公民館の元館長さんは、たしかその人です。けんかなんとかと異名を取るような変わった人ですね。私も一度衝突しそうになりましたけど、お年寄りと喧嘩してもこちらが悪くなるだけですならね。

空き屋に留守番で住まわせるのはよくある話だそうですよ。家は誰も住んでいないと荒れ放題になりますが、その家を長持ちさせるために無料で住まわせる。家賃を取ったのでは誰も住んでくれないような家なら無料で住まわせる方が賢明なのかもしれませんね。
Commented by coppoumon at 2013-02-04 08:39
喧嘩っぱやいのですか。口のうまい人でした。はらはらしますね。職を離れてもエバルお年寄りはどうにもなりませんね。
私も親が死んで、貸すことも売ることも出来そうにない家に引っ越して住んでいます。
Commented by tsushimaisland at 2013-02-04 23:34
こんばんは、なかなか良い言い回しですね。本当にドキドキしますね。

喧嘩なんてろ、と異名を取っていたのは若かりし頃の事だと思います。でも60、70程度まではその異名通りに振舞っていたようですけど、今はかなりのご高齢になっていると思うのでその異名通りに今もやっていたのでは、完全にお年寄りの冷や水です。誰も相手にはしません。ということで今はそんなことは無いとは思います。ま、今はその方との接点が無いのでどうなのかわかりませんけど。

空き家を生かすというのは良いアイデアかもしれませんね。対馬内の空き家を市が借り受けて少しリフォームする。リフォームと言っても畳を入れ替えたり、障子や襖を張り替えたりと簡単な事で良いと思うので、その空き家を内地の人にでも無料開放すれば人口も少しは増えるかもしれませんね。対馬に永住すれば家賃は要らないとなれば誰か来ないものか。

定年退職した人でも良いし、こちらでネットを使い何かやってくれそうな難しいスキルを持った人とか。そんな人を家賃無料で呼び込めば何かしら対馬の役に立ってくれそうな気もします。

ところで、プロフィールに子供の頃の写真を使うのも良いかもしれませんね。