フェリー・ジェットフォイル時間表

遅くなりましたが、来春までのフェリーとジェットフォイルの時間表です。今月14日から30日まではフェリーの出航時間が午前4時30分からきずなの就航になっています。帰りは午後8時45分出航で対馬着が午前1時30分。私はこれを利用してフェリーきずな往復で行ってみようと思っています。博多着が午前9時25分、帰りは真夜中まで待たなくて良いので楽ですね。真夜中まで待てば映画鑑賞というのもありますけど、レイトショーだと1,200円で観れますよね。
b0165802_07670.jpg

b0165802_072064.jpg

なんか噂では来年度からフェリー&ジェットフォイルの島民割引がなくなるとか。要するにジェットフォイルだと対馬起点の帰りが半額、フェリーだと対馬起点の帰りが3割引、その割引制度を廃止するそうです。そうなるとフェリーきずなを行政から貰い受けて運賃を2割引にしたのが何の意味もなくなります。ジェットフォイルの往復だと以前の運賃よりもうんと高くなる計算に。行政からフェリーを貰い受ける条件としていた2割安くするのは堅持するから契約違反ではないが、島民割引を廃止して実質的に値上げ。これって詐欺行為なのかな。フェリーはただで貰い受けるだけで島民には何の見返りも示さないどころか長年実施されてきた島民割引を廃止して合法的な値上げ。島民の足を手軽に利用してもらうためにフェリーを無償提供してもらっているのに逆に大幅値上げとは。

なんでも2割割り引いたため乗客が増えても大幅な赤字に転落とか。赤字なのかどうかわかりませんけど、もし赤字だとしてもそんなことはフェリーを貰い受ける前からわかる筈、貰い受けるだけ貰っておいて、島民割引を次の年には廃止して貰い得を考えているのかな。

それが当初からの計画なら詐欺行為以外の何物でもない。2割割り引いて乗客が2割増えれば若干の売り上げ減に、経費増分が対前年比マイナス、それくらいはフェリー新造する償却を考えれば経費増は相殺できるはず。たとえ1割しか増えていなくてもトントン?その辺の分岐点くらいは計算しろよ!と言いたい。その噂が本当なら。

本当であるなら無償提供分を返してフェリーを買い取ってもらう。そうしないと完全な税金泥棒。そして2割引も破棄して島民割引は継続して貰った方が島民としては良いのかもしれない。そのような話があるのなら市長さんの腕の見せ所です。対馬市も壱岐市も九郵の大株主なんだから。

株主と言えばうちも小さいながら株主。九州郵船には儲けてもらって株主配当金を沢山はらっえ貰う方がこちらは利益になるけど、そんな問題じゃないしね。配当金と言えば今年は久しぶり、数年ぶりに配当金を貰いました。雀の涙ほどだけど。フェリーを無償提供してもらったからと言う話だったけど、この赤字だと言うのとは矛盾している。
b0165802_1103563.jpg

本当かどうか分かりませんけど、こんなチラシが。
[PR]

by tsushimaisland | 2012-12-18 00:14 | その他 | Comments(2)

Commented by 職歴の書き方 at 2013-01-23 12:49 x
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
Commented by tsushimaisland at 2013-01-24 07:30
観覧ありがとうございます。