献血とトイ

今日は献血に行ってきました。53回目の献血です。年2回行きたいのですが毎年この時期は風邪をひいている場合が多くなかなか行けません。昨年は退院直後だったので献血拒否されてしまいました。その前の年はちょうど入院中。献血ありがとうございます。の下は記号と名前が書いてあったのですが、Photoshop Elementsで見事に消えてしまいました。こんなに簡単に消せるのは素晴らしい。これからElementsを活用していこうと思います。ちょうど解説本を買ったことだし。

解説本を買ったのは良いのですが、買ったのはElements11のリファレンスブック。持っているのはElements10・・・見事に間違えて新しい解説本を買ってしまいました。11が出ているとは知らなかった。内容は対して変わらないだろうと思っていたら、これも見事に変わっていました。Elements11、また買うかな。あ~あ。解説本2,400円もしたのに。
b0165802_2310527.jpg

ところで、台風で壊れた壁の修理が完了しました。きれいになりましたね。保険も下りて何とか保険の範囲内で修理することが出来ました。やっぱり保険は入っとくに越したことはありません、過去に保険を使ったのは計4回かな。総額は毎年入っている掛け捨て年掛け保険の10年分(8年分かな?)近くは還元してもらいました。保険に入るなら信頼できる代理店があると安心です。ちゃんと処理をしてくれますからね。ネットなんかで頼むと相手は事務処理的にするだけでしょうから満足のいく保険金額が下りない事も考えられるかもしれません。どうか分かりませんけど。
b0165802_23113462.jpg

壁の修理とは別に追加工事としてトイの修理もしてもらいました。うちは2件の家が繋がっています。表の家と裏の家、その間は2階から2階へとトタンで繋がっています。2件の家の間が空いているんですね。そして雨が降ると表の家の裏半分と裏の家の表半分の屋根に降った雨が真ん中に集まってきます。真ん中に集まった雨は下水を通して流れるのですが、これが大雨の時にはオーバーフローして家の中にしみ出てきます。時には水浸しになることもあります。どうにかならない物かと思案していて思いついたのがその両屋根に降った雨を長いパイプを通して表通りに流すこと。そうすれば真ん中に集まるのはトタンに降った雨のみになるのでオーバーフローはしないだろうと言うこと。これを自分でする予定でしたが、せっかく工事に入ってもらったので専門家に任せることに。これは大正解でした。もっと早くやっておけば良かった。
b0165802_2312115.jpg

良い金具が無かったので針金でつるす事に。この辺は素人仕事ですね。

そして今回は裏の家の裏側屋根半分に降った雨が庭に貯まります。これも庭にある地下下水を通して流れるのですが、庭が水浸しの状態になります。豪雨の時には庭に降った雨が家の中に侵入する寸前までいくことも。これもパイプを通して表に逃がすことにしました。こちらは自分で。これで少々の大雨でも慌てる事はないでしょう。なんだかうちの家雨水逃がしのパイプだらけと言う感じ。家が複雑で人に言わせると迷路みたいと言われます。階段が2ヶ所あるからでしょう。その分トイも複雑になってしまいます。

トイですが、ライフベースに売っていました。長さが280センチほどあり車に載せられないので配達してもらいました。配達料は500円、4本買いましたけど1本余りました。上手くいかなければあれこれ引き回すために余分に買ったので。
[PR]

by tsushimaisland | 2012-11-14 23:17 | その他 | Comments(0)