ごみ焼却場

ごみ捨てに行ってきました。今回は燃えないゴミが多かったかな。重量にして120キロ、業務用として捨てたので550円でした。まだ父の部屋が片付け終わっていません。徐々にいらないものは捨てているのですが、まだまだ山のようにありますね。何を捨てて何を取っておけば良いのか判断に苦しむものもあります。釣り道具なんかがその最たるもの、私はあまり釣りはしないので必要ないのですが、捨てるのも勿体ないような気がする。父が大事にしていたのもを簡単に捨てて良いものだろうかと。
b0165802_7254536.jpg

一人暮らしをしている叔母さんがいるのですが、その人の家も要らないものが山のようにありますね。すこし捨てて自分の住まう所を空けたほうがどれだけ楽に生活できるのかと思うことしきりです。昔の人は捨てられないのでしょうね。片付ける時にはいくらでも手伝いしますよ。と言っていのですが、散らかった部屋を見せたくないと言うこともあるようです。
b0165802_7254275.jpg

私の友達に福岡でこのような場所?に勤めている人がいるのですが、福岡だとまだまだでかいでしょうね。ここも結構大きな施設ですけどね。福岡だと私のように個人でゴミを持ってくる人っているのでしょうか、その場合個人が車に乗っけて持ってきたゴミを受け付けてくれるのか。こちらだと市が発行しているゴミ袋を買って、その中にゴミを入れてゴミ収集車に持って行ってもらうよりも直接ゴミをごみ焼却場に持っていくほうがはるかに安上がりです。軽に山のように積んで約100キロ、個人だとこれで200円、100キロ分をゴミ袋に入れるとどれだけの袋がいるのか分からないほどです。そうそう私は生ゴミだけは出しますから、焼却場に持っていくのは生ゴミ以外です。
b0165802_7254062.jpg

たしか、対馬市長選挙の時に財部市長が言っていたのはゴミに含まれる水分を取り除ければ燃料費が浮く、これだけで年間にすればそうとうな節約になると言っていました。生ゴミを極力出さないように、出さなくて済むような対策をすれば燃焼効率が上がって燃料費の節約・・・私は確か何度かゴミに直接水を撒いている所を見たことがあります。なぜゴミに水を撒くのかと聞いたところ、燃焼温度が上がって炉を痛めてしまうから。とか言っていたようです。今も撒いているのかどうかわかりませんが、燃焼温度が上がれば炉を炒め、燃焼効率を上げることで燃費を稼ぐ。相反するような気がしますね。ただ燃焼温度を下げるとダイオキシンが発生するのでは?と思うのですが。今はどうなんだろう。

それと生ゴミ対策をうたっていましたが、未だに何も無いような・・・選挙の時だけ良いことを・・・と言うのは止めてほしい。まだそこまで手を付けられないかな。
[PR]

by tsushimaisland | 2012-08-26 07:51 | その他 | Comments(0)