フェリー甲板からの厳原港

フェリー甲板からの厳原港です。最近フェリーに乗る人は少ないかもしれませんね。殆どが飛行機かジェットフォイルでしょう。乗るとしても帰りだけフェリーというパターンでしょうね。私は急ぎの用事でないかぎりフェリーの往復を使います。このところ飛行機は殆ど乗りませんね。飛行機往復が2万円、ジェットフォイルの往復なら1万ほど、フェリーの往復なら・・・金額的にも飛行機は乗れません。長崎に行く時だって飛行機は使いません。博多に行ってからバスか電車です。そのほうが時間はかかっても安上がり。時間的にも対して変わりませんけどね。
b0165802_7264079.jpg

と言うことでしばらくはフェリーの旅でも。フェリーもね、2等室には女性専用席なるものがあります。ここに無神経にも男性が乗り込むことが多いようです。フェリーの乗務員もちゃんと案内するべきだと思いますよ。壱岐はこちら、対馬行きはこちらと案内するだけじゃなくて女性専用席に男性が入ってこないようにちゃんと案内しなければなんのための女性専用席なのか分かりません。九州郵船さんちゃんと仕事してよね。
b0165802_7263857.jpg

ま、そんな苦情をたまに聞くので。私は女性専用席やお年寄り専用席などには座りません。男性で健康な人ならその程度の気遣いはすべきです。
b0165802_7263517.jpg


さて今日から厳原港まつりです。

ところで、柔道、低調でしたね。いまの柔道は掴み合いの喧嘩みたい。見ていて全然面白く無い。こんな面白く無い競技を皆さん見ているんですね。うちの子どもがやっていたから言う訳じゃないけど、柔道よりも剣道のほうがスピーディで面白い。1本決まるのも紙一重と言う感じがします。スロービデオを見てもどちらが勝ったのかサッパリ分からない試合もあります。よくこんな一瞬を審判は見逃さないものだと感心します。こんな紙一重のどちらが勝っても可笑しくないような試合を見ていると戦国時代の名だたる武将、剣豪がどれだけ凄かったのか考えてしまいます。
[PR]

by tsushimaisland | 2012-08-04 07:29 | その他 | Comments(0)