40Aにダウン完了。

九電工さんがアンペアダウンの工事に来られました。工事は室内のブレーカーを変えるだけ。日曜日に電話して当初の予定だった50Aを40Aに変更しました。考えてみれば一般家庭のアンペアは30Aとのことです。それを当てはめれば2人暮らしの家庭なら20Aでも十分、余裕をみて25Aと考え、そして業務用を15Aと考えれば都合40Aになります。業務用と家庭用を同時にフルに使って40Aになることはほとんどありませんけどね。

これで年間6,800円の節約になります。何の努力もせずに節約になるのですからこんな良いことは無いと思います。過去、10年くらい前には年間45万の電気代が今はその半分です。60Aのままにしておく必要性はありません。

さて、40Aにしてブレーカーが落ちるのかが見もの。今まで個々のブレーカーが落ちる事はあってもメインブレーカーが落ちることは滅多にありませんでした。40Aにした場合どうなるのか。今のところは無事に過ごせています。


ところで、九電のHPを見ていると新たな発見が、業務用エアコンで使っている低圧電力の場合ですが、基本料金は2,898円、それがブレーカーを落としているときにはその基本料金を下回ります。何故かな?と思っていましたがHPを見てみると0kwhの場合は基本料金が半額になるようですね。ブレーカーを上げっぱなしと落としている時で基本料金が倍も違う事になります。そう考えると次に検針に来るまでブレーカーは上げない方が良いですね。去年は基本料金半額が2ヶ月間、それなら今年はこの半額を4ヶ月にしてみようと思います。これだけで年間6,000円の節約。昔は電気代が幾らなのか全然気にしていませんでしたが、節電を心がけ年々減っていく電気代の統計を取ってみると非常に面白い。完全にはまっています。

電気料金の統計は2000年から、当然エクセルで作っています。最近携帯料金も統計を取るようにしました。エクセルで料金の一覧表を作ってみるといろいろ見えてきますね。パソコンを使うならこのようなエクセル等を使ってパソコンを活用しなければ意味ありません。別に難しいマクロや関数など使う必要もありません。関数を駆使すると面白いですけどね。最近作った携帯料金の一覧表を載せてみます。料金は各使用料を入力すれば合計で出てきます。非常に簡単な計算式を入れているだけです。青字は直接料金に反映しない数値ですね。
b0165802_7493232.jpg

≪ 右下が私です。iモードも切っているので電話だけの携帯です。嫁のパケホーダイも切る予定。娘や友だちとメールするのでiモードはそのままの予定。私は殆どパソコンなので携帯はよくわかりません。≫

私はあらゆるものをパソコンで作っています。簡単な日記も20年前から作っています。日記と言うよりも記録かな。日付は関数を使えば自動で入ります。20年前の今日何をしていたか、すぐに分かります。あらゆる事をパソコンで処理しようとすれば自ずとパソコンも上手になってきます。

まずはキーボードを見ずに打てるようになると面白くなってくると思います。Fキーに左手の人差し指、Jキーに右手の人差し指を乗せておく、これがホームポジション。そのホームポジションからなるべく手を動かさず各指が届く範囲のキーをその指に覚えさせるとキーボードを見ずに打てるようになります。ほんの1週間か2週間極力キーを見ずに打つ練習をすれば先が見えてきます。2週間である程度。3週間もあればマスター出来ます。

最近の若い子はキーを見ながらメチャクチャな打ち方で凄く速く打っていますが、キーと画面とを目が行ったり来たり、若いうちは良くても歳を取ってくると疲れますよ。私は画面しか見ないので目が疲れる事も少ないですね。ブラインドタッチを身につけると手で文字を書くよりも遙かに速く文字が打てるようになります。パソコンも面白くなってくると思います。

でも単にネットを見るだけならパソコンは必要ありません。ipadやAndroidタブレットで十分でしょう。パソコン教室など行く必要ありません。教室で勉強する料金でタブレットが買えます。パソコン教室に通ったってありきたりの事しか教えてくれません。たぶん。人に習ったところでパソコンを使う目的がなければ上達は難しいと言えます。パソコンを使う目的がネットならタブレットを使うほうがより幸せになれるかも。

私は22年前からパソコンを使っていますけど、パソコンを人から教えて貰ったことは殆ど無く全くの独学で覚えました。だからパソコンは知っていても専門的な知識は皆無でしょう。

そんなに長くパソコンをしていると弊害もでますね。文字は読めても書けない。長いこと字を書かないので長文を書こうと思えば手が震えてきます。昔は書道3段でしたが今ではメチャクチャな字しか書けません。凄く字が下手になってしまいました。文書を書くのもペンでは文面が思い浮かびません。キーボードで打つとどんな長文でも作れますが。

ブラインドタッチの弊害は指を怪我すると、両手で打てなくなるとどこにキーがあるのか分からなくなりますね。指はどこにキーがあるのか覚えていても頭では覚えていません。片手になると途端に一文字づつ打つ素人打ちになってしまいます。

ちょいと変な話になりましたね。こんな長文もブラインドタッチを身につければチョチョイのチョイで打てます。思ったことをキーボードで打つだけ。どんな漢字なのか考える必要もありません。もちろんある程度漢字を知っていなければミス変換のオンパレードになりますけどね。文書の修正も簡単、ペンでは書けなくなってしまいました。
[PR]

by tsushimaisland | 2012-06-26 07:44 | その他 | Comments(2)

Commented by プラダ 店舗 at 2013-07-03 01:47 x
突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!
Commented by tsushimaisland at 2013-07-03 06:30
おはようございます。どうもありがとうございます。