アンペアダウン

今回、契約アンペアを落とす事にしました。世の中は節電の気運ですが、うちはこれ以上の節電は難しい状況です。そう考えていると6月21日の朝日新聞に契約アンペアを下げて節約。と言う記事が載っていました。そこで早速その記事に乗っかる事に。

現在の契約アンペアは60Aです。これは業務用を含むので一般家庭よりはかなり大きなアンペアなのかなと思います。九電に電話して聞いてみると一般家庭は30Aが多いとか。そこでいきなり落とすとブレーカーが落ちるとかの危惧があるのでまずは50Aにダウンすることにしました。40Aでもギリギリいけるかなと思ってはいるものの。アンペアダウンの費用は無料。

何しろもう夫婦2人だけの生活ですから、60Aも必要ありません。昔は月の電気代が5万を超える事もしばしばだったと思います。それからすると今はかなりの節電をしています。その頃から契約アンペアは変わっていないと思うので。50Aでも多すぎるかもしれません。

60Aを50Aに落としても節約出来る金額は年間3,400円程度です。まずは50Aにして様子見、大丈夫と思えば1年後に40Aに落とす事にします。アンペアダウンの再変更は原則1年間は出来ないそうなので。わずかな節約ですが、節約よりも節電を。と言うことで。

このアンペアダウン、東京では流行っているそうです。前年対比1.5倍に増えているとか。今自分の家に何アンペア必要なのか?それは常に使っている電気機器の総ワット数を調べてみれば分かります。私の家では概算で同時につける電気機器の総ワット数は業務用を除いて多く見積もっても4A程度です。業務用エアコンは別電源になっているのでこれには含みません。そう考えると40Aでも十分なのかなとも思えます。業務用でも15A程度。業務用と家庭用を同時にすべて使うことは無いと考えて。ま、4Aと言うのは今の時期ですから冬場やエアコンを入れる時期になるとまた増えるでしょうけど、増えてもコタツとほんの少し増える程度。

b0165802_739542.jpg


上の表が問題の電気代、これには業務用も含んでいます。下は業務用のエアコン、200V三相の電力です。以前は5kwでしたが4~5年前に3kwにダウン。こちらは劇的に下がりました。年間にして3万円はこれだけで下がりましたね。今回の請求はブレーカーを落としているので使用量が0kwh、ブレーカーを上げたままではエアコンを全く使っていなくても使用量が数10kwhになり、金額もこの倍以上になります。倍以上でもたいした金額ではありませんが、年間にすれば5千円程度の節約になります。使わない時期にブレーカーを落とすだけですからね。
[PR]

by tsushimaisland | 2012-06-24 07:55 | その他 | Comments(0)