光清寺

春分の日で光清寺に行ってきました。前にも載せましたけど今回は18mm超広角にて撮影。
b0165802_7183872.jpg

NEX C3 16mm+ワイコンにて35mm換算18mm
b0165802_7184148.jpg

供養塔、お墓を個別に持たない人がココに葬られます。ある意味お墓よりも良い面が多々ありますね。お墓は見てくれる人が居なくなれば無縁仏になってしまいますが、こちらはお寺の人が永年供養してくれ、誰かしら線香をあげに来てくれて手をあわせていかれます。無縁仏になる心配が無用です。ただ、ココに入ると出ることは出来ません。個別の骨壷に入れて納骨するわけではないので。そしてココに入るためには最低10万円のお布施が必要です。金額はお寺の人はなかなか言ってくれません。一体いくら包めばいいのか皆目わかりません。都会だとお値段表みたないな物があるようですが。今回はお寺の方が言われた金額なので確かでしょう。・・・金額はちゃんと言ってくれる方が迷わなくてすみます。言わないのはある意味不親切な気がします。お寺としては言いにくいのでしょうけど。

檀家になるとココに祭られます。ここの個別スペースは人に聞くところによると30万とか40万とかが必要だとか。これは光清寺での話ですが人から聞いた話なので本当かどうか分りません。また、お寺によってはまた金額は違ってくると思われます。

そしてお墓の土地代、たしか平成元年の頃に40万だったと思います。そこに150万でお墓を。さらに金屏風の仏壇が100万以上。24年前の話です。仏事ってお金がかかりますね。お墓は今現在では250万とか。そう考えると供養塔に入るのが一番利口だと思います。うちはお墓があるので、このお墓が子どもの重荷にならなければと思います。どのみち子どもは対馬には住まないのでいずれは無縁仏が待っています。お寺としてもこのような無縁仏は困りますよね。勝手に撤去は出来ないだろうし。
b0165802_7183330.jpg


何時だったかもう10年ほど前の話として光清寺の瓦を新しくするのに檀家さんに一口として20万円、何口でも良いそうです。そして瓦にはその檀家さんの名前が刻まれるとか。あるお寺ではお寺を建て替えるのに檀家さんに40万のお布施。そしてお寺が綺麗に建て替ると、次には和尚様の家を建て替えるためにさらに40?万、冗談じゃない。と苦情が出ているとか出ていないとか。まあ、このご時勢文句も言いたくなるでしょうね。
[PR]

by tsushimaisland | 2012-03-21 07:22 | その他 | Comments(0)