対馬高校から大学入学

今年、対馬高校卒業生で釜山の国公立大学に入学した子がいます。対馬高校から私立じゃなく韓国の国公立大に合格したのは初めてとか。

その子の親から伝え聞いた話ですが、韓国の大学は安いそうですね。年間の授業料が15万円、こちらの国公立大学が年間55万円ほど、私立大がその倍程度と比べると破格の安さ。半年間の寮費が2万円先払い。2万円と言っても20数万ウオン、結構な札束になるそうです。まあ、向こうの物価がどうなのか分りませんけど、倍までは違わないと思うからやはり安い。安いと言うよりも日本が高すぎると思います。

こんなことを是正していかなければ人口は増えないと思います。子どもを拓山つくると後が大変。おのずと一人っ子が多くなるような気がします。子ども手当てをばら撒くよりもこのような授業料を安くする。より多くの子どもが大学に行けるようになればそれは国力が上がる事にも繋がるはず。質も大事ですけどね。

今年の対馬高校卒業生は国公立大学へ行く子が多いようです。やっぱり授業料が倍も違えば私立には行けない。4年間で200万は大きな違いです。福大と琉球大に合格した子が琉球大へ。沖縄より博多の方が就職では有利な気もするが。そんな福大に合格して琉球に行く子が2人、それ以外にも2人、二次試験で琉球を受ける子がさらに2人いるそうです。福大の入学金29万を払ってまで琉球に行く子まで。この入学金のタダ取りもなんとか出来ないものか。行かなくても、入学しなくても入学金没収。入学していないのに入学金名目で返さない。なんか間違っている。

2年前は九大と防衛大学校に合格した女子が防衛大へ、防衛大はお小遣いを貰いながらほぼ無料で行けるとか。入学してからが大変らしいけど。やっぱり教育費の増大は大きな問題だと思う。

そして思うのは対馬高校の国際交流科に3年間通学して韓国語をマスターし韓国の大学へ、周りに誰も知った人がいない中外国で一人。大変でしょうけど凄いと思う。それに比べて日本の英語教育、英語しゃべれる子がどれだけいるのか。対馬高校の国際交流科には島外からの入学生もいますね。高校で韓国語をマスターする。良い科だと思いますよ。
b0165802_7275642.jpg


ところで、これは本当なのか耳を疑ったのですが、釜山から対馬まで学生が来るのにいくらかかるのか?なんと690円?との話。ウソだろ!と思いましたけど、実際に釜山の大学に子どもをやっている親が言うので・・・ちょっと信じがたいけど、旅費の多くは対馬市から出ているとか。でも690円、なにか勘違い?本当ならどこか狂っている。
[PR]

by tsushimaisland | 2012-03-11 07:32 | その他 | Comments(0)