4月からフェリーきずな就航

4月からのフェリー・ジェットフォイルの料金が出ていましたね。当初言われていたジェットフォイル3割引・フェリー2割引とは多少違いジェットフォイルが3割引じゃなくて2割引になっています。車両運賃は全然変わらず。

対馬~博多 (フェリー)=4,450円→3,560円
対馬~博多 (ジェットフォイル)=7,700円→6,160円

いづれも燃油サーチャージが片道300円プラスされます。

これを従来の往復割引を適用するなら、対馬~博多往復フェリー運賃は 5,340円
ジェットフォイルの往復運賃は 9,240円になるはずです。フェリーだと非常にお得に往復出来ますね。ちなみに行きがけをジェットフォイルにして帰りをフェリーだと、8,660円になると思われます。

往復の場合だと、ジェットフォイルで帰りが半額、
フェリー往復だと帰りのフェリー料金が3割引、
ジェットフォイルとフェリーのミックスだと帰りのフェリーが3割引。いままではこうでした。

ただしこの往復割引は対馬を起点にした料金です。つまり島民割引と同じ制度です。島民であっても博多を起点にして往復切符を買うと帰りは2割引か1割引程度にしかなりません。うちの子どもの場合だと住民票は対馬に置いていて対馬島民ですけど、この割引は受けられません。
b0165802_034280.jpg

就航する新造船はフェリーきずな。問題はこの新造船が対馬を起点にするのか博多を起点にするのかで島民が乗れるのか乗れないのかが決まります。博多を起点にして、博多→対馬が博多発1便になると対馬島民はほとんど乗ることが出来ません。要するに厳原発が15:25、博多着が20:10では乗れない。島民の利便性を図るために船を貰い受けるのなら対馬島民が乗りやすいように対馬発1便でこのフェリーきずなを就航させて欲しいと思います。ただ、このフェリーあまり大きくなさそうですね。フェリーつしまと同程度かな。乗船人員も絞っているらしい。そして、五島で傾いたフェリーと同型?ちょっと心配。もしこのフェリーが対馬基点ではないのならフェリーちくしが対馬起点になるのかな、それでも別に良いけど。

しかし、この運賃だったら特2や1等に乗っても良いですね。私の場合だと800円の追加料金だけで特2に乗れます。



土曜日にプロバイダーの解約、そして月曜日にNTT西日本の解約をしました。NTTの方は面倒でしたね。契約しているこちらと実際にネット接続している子どもの場所が違うので確認に少々手間取りました。でもこちらはプロバイダーと違って解約時に違約金がどうのこうのとの話は全くなし。
b0165802_035122.jpg

そしてプロバイダーナビで見てみるとさらに安い。

なんだかこの料金は飛行機の二重、三重運賃に似ているような気がします。それなら割引制度があるところで契約して割引を貰ったほうがお得。それよりも二重価格の上限で契約するほうが損だと思えてきますね。この割引でキャッシュバックを貰うよりも毎月の支払いを下げてくれるほうがより嬉しいのですけど。

子どもの契約でも最初に3万円のキャッシュバック。その後は毎月NTT西日本に3,559円、プロバイダーに945円、計4,504円。最初の一年はプロバイダー料が471円と少し安かった。もしかしたら2年目以降はさらに高くなるのかもしれません。継続利用は損と思えてしまいます。
[PR]

by tsushimaisland | 2012-03-06 00:05 | ニュース | Comments(0)